龍が如く 0 コラボキャンペーンでリンガーハットさんのちょい辛ちゃんぽん食べてました

ちょうど龍が如く0発売直後に新宿をうろうろしまくるタイミングがあったので、ここぞとばかりにゲーム内と同じ場所にあるリンガーハットで龍が如くちゃんぽん[ちょい辛]をいただきました。

 

 

正直龍が如くのコラボレーションって、好きで追うにしても全部は件数が多すぎるな~と維新のあたりから思っていたので、今回はまったくどこがなにをしているか気にしていなかったんですね。

なので、歌舞伎町周辺を歩いていて看板を見つけて、「oh」と思ったという方が近いです。

ちなみに、ここのリンガーハット、立地と外観はゲーム内のまんまなんですが、店内の様子は異なります。

 

020

 

入り口の看板には「激辛」とあったので迷ったのですが、ダメもとでもいってみようかと入店。テーブルにあったメニューには[ちょい辛]が載っていたので、あっさりとそっちに鞍替えしました。

 

激辛に入っている「花椒(ホアジャオ)オイルを絡めた肉みそ」もちょっと気になりましたが、説明文に「しびれる辛さ」とあったのでそこは断念。

ココナッツミルクで味を調えたトムヤムクン風スープとのことで、ベトナム料理みたいな味わいですね。重たい辛さではなく、すっぱいような刺激が伴う軽妙な辛さ。付属の絞りレモンを足すともっとさわやかになります。

頂点にトッピングされている水菜がスッキリ感を後押ししていたり、普段のちゃんぽんのトッピングと同じ野菜に入っているコーンの甘みが時折アクセントになったりと、最後までおいしくいただけました。あとえびね!! えび!! 生えびみたいなぷりぷりさで、その分味は沁みこんでいないのですが、かなりメインをはってくれました。

 

おなかがすいていたのもあってぎょうざセットにしたんですが……ぎょうざは……ウン……ぎょうざはイマイチでした。なくてもよかった。

これ、スモールがあるよりラージがあってもよかったんでは……。量的にはちょっと物足りなかったかな。

なお、店内すべてのテーブルに「龍が如くちゃんぽん」のメニューが置いてあったのですが、このメニューに「ゲーム世界にリンガーハットの店舗があって、そこで主人公が料理を食べると体力が回復する」という基本設定について触れられているのが親切だなと思いました。

そりゃもちろん、「リンガーハットはよく行くけど龍が如くは知らない」っていう人だってたくさんいらっしゃいますもんね。そこで「こういうコラボレーションですよ」という前提から書き添えてあるのはとてもよいことだと思います。

 

龍が如くちゃんぽん【販売終了いたしました】

あと、リンガーハットさん公式の中に跡地がちゃんと残っていてくださるのが嬉しいですねえ。こういう情報って後から追いかけたくても消されてしまっていたりして、ちょいちょい困ることがありますので、こういうのも個人的にはとてもありがたいです。

 

 

 

 

 

龍が如く 維新! コラボキャンペーンで釜寅さんの角煮釜飯食べてました

2013年12月2日から2014年3月31日までの約3か月間、宅配御膳「釜寅」さんによる『龍が如く 維新!』コラボキャンペーンが行われておりました。

 

 

ryu-ishin_Collabo01内容は、期間限定メニューの提供と、オリジナルグッズの抽選の両方がありました。

抽選は、注文金額1,500円で1口の応募となり、2口で特賞 PlayStation®4 +PlayStation®4 用『龍が如く 維新!』へ応募が可能でした。当時のプレスリリースのpdfがまだ残っているようなので、一応リンクしておきますね。

他、1口のグッズは1/12サイズの等身大龍馬像、特製座布団、特製扇子なんですが、わたしこの特製座布団が当選して後日送られてきてナチュラルに忘れてたっていうね!! そして写真も撮らずに人に譲渡してしまったというね!! おっきすぎて、シングルベッドなら4/7くらいふさいだんじゃないかな!!

今考えると写真くらい撮っておけばよかったです。

そして、注文内容1,500円以上で1口なんですが、限定メニューが1,480円というね!! わたしはラジオネーム茶碗蒸し大好きっ子さんで、回転寿司に行っても必ず茶碗蒸しを食べる人なので、それをセットにして頼みました。しめて1,810円也。

 

020

 

届くときはいろいろビニールに入って届けられるので、興ざめすること甚だしいのですが、いろいろむしって卓上にセットオン。釜寅の釜飯はおだしをかけたりしていただくようになっているので、左上のポットはお茶ではなくおだしです。

蓋をあけてみると、どっしり釜飯で、リリース写真とほとんど変わらない感じ!! ファストフードやファミレスのガッカリ感に慣れている身としては、これが結構ポイント高いです。

お膳には食べ方の指南が描かれた用紙も入っていて、その通りに「まずはバランスよくお茶碗に盛って→同じくバランスよくお茶碗に盛ったものに、今度は薬味をかけて→次はバランスよくお茶碗に盛って薬味をかけたものに、おだしを注いで→最後に、おだしと薬味でさっぱりと」という流れを律儀に踏襲していただきました。

全行程写真を撮っていたんですが、きれいに食べているつもりでもお皿はそれなりに汚れるので、見苦しいわと思って掲載は見合わせます。どうやって食べてもおいしかった!!

 

020

 

ryu-ishin_Collabo02正直、おだしでいただくなら釜寅さんのほかのメニュー、しらす釜飯とか鯛釜飯のほうが合いそうだな~と思っていたんですが、こってり系の角煮釜飯でも思いのほかお茶漬けになる。ほかにも鶏釜飯とか豚キムチとかありますが、そっちはどうなんでしょうね。豚キムチお茶漬けとか正直想像つきませんが。

角煮は甘みのあるしっかり味でやわらかく、添えられたさやえんどうの青みが上手に味をリセットしてくれます。卵はあんまり印象に残りませんでした。ないとさみしいだろうけど。おだしはお吸い物として楽しめるとの言葉通り、軽く甘口、でもサッパリとしたお味。

トッピングは、味的に刻みのりが一番合った感じですねー。しかしこのトッピング、釜飯に対してというよりおだしに対してのラインナップですよね。ここをもうちょっと強弱つけてくれてもいいのかな。あくまでお茶漬けにならこれだろうっていう感じなので、角煮釜飯に対してはどうなんだろうな。

あ、お漬物は、申し訳ないですが味が濃すぎてあまり楽しめませんでした。ふつうのたくあんでもめったに食べないレベルでお漬物の味がそもそも苦手なのもあります。

 

020

 

量は結構多くて、しずこはまあまあ食べる方ですが、それでも1食では食べきれませんでした。家の取り皿に移して、おだしも湯呑に注いで、容器は洗って早いうちに外に出しておきました。気づいたら回収されてた。

なお、釜寅は会員登録が可能です。特にポイントが溜まったりするわけではなく、単純に次回注文時の手間を省くのが目的のようです。その際にクーポン類などの葉書を受け取る設定にもできるのですが、釜寅で会員登録したにもかかわらず、その後送られてくるのは系列店である「銀の皿」のものばかりでした。ううむ。釜寅が目的なんだから釜寅のクーポンが欲しかったですね。

『龍が如く 0』の際にも、オリジナルグッズを伴うキャンペーンを行っていたようですのが、機会があったら龍が如く関係なくてもまた注文したいな~と思っております。

おいしかったです!!

 

 

 

 

 

ただグラブルを楽しみたいだけなら、デレマスイベントはスルーしてもよいのか

わたしは「薫風、白波を蹴立てる」イベント期間中(2015/7/31 19:00~8/7 17:00)に、夏オイゲン目当てでグラブルに参加したヒゲオッサン好き系なのですが、プレイしていて一番最初に直面した問題が「このアイドルマスターシンデレラガールズ系のイベント……やらなきゃダメなのかな……」っていうことでした。

 

 

アイマスに関しては、特に好きでも嫌いでもないので、悪感情を持っているわけではありません。個人的に不用意なクロスオーバーっていうものがとっても苦手なんです。なので「いいか悪いか」の話ではなくて、単純な「好きかきらいか」の話であることは自分でもわかっています。

ただ、アイマス(この場合デレマス)が人気コンテンツであるがこそ、ネットでは「アイドルマスターのプレイヤー(いわゆるP)がいかにグランブルーファンタジーを楽しむか」という視点での話題こそあれど、「グランブルーファンタジーのプレイヤーがいかにアイドルマスターを受け入れるか(もしくは受け入れる必要があるか)検討する」というような偏った視点での記事は探し出せなかったんですよね。

というわけで、自分は「クロスオーバー苦手派」として、「ただグラブルを楽しみたいだけならアイマスに触れる必要があるかないか」という偏った視点でちょっといろいろ触れてみたいと思います。

 

イベントがアイマス系だったときに参加する必要があるか

いきなり結論ですが、はっきり言って参加してしまったほうがよいです。

特に今回の「シンデレラファンタジー ~迷える魂よ、安らかに~」などは、いわゆる古戦場イベントとかぶさっていた(今までの古戦場イベントを、アイマス系で上書きした)仕様のため、「アイマスだから」で避けていると騎空団イベントをスルーしてしまうことになります。

それ以前に、「簡単に入手できる、使えるアビリティを持ったSRキャラ複数人」や、「がんばれば入手できるSSR星晶獣」をまるごとスルーするのはかなりもったいない。

特に前回(2015/8/12~8/21)復刻されたシンデレラファンタジーでは、川島瑞樹(水)、本田未央(火)、渋谷凛(水)の3人が「信頼度」如何によって加入しました。

また、プレイ時に入手するドロップアイテムとの交換で、SSR星晶獣と化した諸星きらり(土)、ブリュンヒルデ(という名の神崎蘭子、闇)も入手可能で、入手後所定回数呼び出すことで[ラブリーナイト]きらり(土)、[覚醒魔王]神崎蘭子(闇)が入手できます。

通常プレイとちょっとした手間で、無課金のままSRが一気に増えるというのはなかなか贅沢な環境です。

また、この後のイベントでは白坂小梅(闇)が信頼度によって加入しており、総数のあまり多くない光属性・闇属性が増えてくれているのは特にありがたく思います。

その他、信頼度ではなく、勲章との交換により城ヶ崎莉嘉(火)も加入しています。『アイドルマスターシンデレラガールズ』本体をプレイしなくても、この時点でSR5人、SSR1人、SSR星晶獣2~4枠の入手が可能でした。

※貢献度や交換アイテムの大量入手など厳しめの条件もあるため、プレイ可能時間やレベル如何によっては入手が難しい場合ももちろんあります。わたしはこのころ、まだRankが30後半~程度だったこと、フローレンベルクが強化前だったこと、どちらかというと「西白の戦い ~四象降臨~」に力を注いでいたことなどから、累計貢献度100万が必要になる双葉杏(土)はちょっと手が届きませんでした。諸星きらり(土)の入手も諦めました……。

 

アイドルマスターシンデレラガールズをプレイする必要があるか

これも、キャラクター入手のためにはサクッとやってしまってもいいかと思います。『アイドルマスターシンデレラガールズ』内で所定のミッションをクリアすることで、コラボ報酬としてSRキャラが入手できます。

前回のイベントでは前川みく(風)、島村卯月(光)、城ヶ崎美嘉(闇)が。今回(執筆当時)のイベントでは三村かな子(土)が入手できました。

パネルミッションを2枚ともクリアし、レベルを40まで上げておけばだいたいのキャンペーンコラボアイテムは入手できるでしょう。簡単に言うなと怒られそうですが、案外簡単で、待機時間も含めて2日もあれば片手間で進行することができます。

しかも「待機時間」というのは、ぷちデレラというちびキャラ育成のための時間ですので、その間普通のレベルアップやシナリオ進行などはどんどん進めていくことができますので、みっちり2日間ということではなく、実際のプレイ時間は数時間といったところでしょう。

時々、パネルミッションの要求がなにを指示しているかわからなかったり、インターデイス上でどこをどう進めばどうなるのかが不明だったりすることはありましたが、特別苦もなく進行することができました。

また、イベント時だけではなく『アイドルマスターシンデレラガールズ』とはそもそもコラボキャンぺーンを行っていますので、マイページにある黄土色の地味な「Campaign」バナー内にある「アプリインストールで報酬GET!!」バナーを経由してインストールして宝晶石をもらったり、達成条件を満たして「コラボ報酬GET」バナーからいろいろアイテムを受け取ったりすることも可能です。

例)「シンデレラファンタジー ~迷える魂よ、安らかに~」期間中にグラブル経由ではじめてDLしてレベル40まで達成した場合(要個人認証)
-インストールベースのコラボキャンペーン
アプリインストール&チュートリアル完了……宝晶石500個

-アイマスプレイベースのコラボキャンペーン
チュートリアル完了……エリクシール3個
レベル15達成……レジェンドガチャチケット1枚
レベル30達成……エリクシール3個
レベル40達成……レジェンドガチャチケット2枚

-グラブルプレイ(~迷える魂よ、安らかに~)ベースのコラボキャンペーン
レベル35達成……エリクシール3個
レベル37達成……レジェンドガチャチケット2枚

他、ぷちデレラレベル5達成で宝晶石100個、ぷちデレラへのいいね10回でSR三村かな子(土)入手です。

これだけでエリクシール(ハーフではない)が9個。ガチャチケットが5枚です。これを無視するのもちょっと惜しいかな~? と……。

また、インストールベース、アイマスプレイベースのコラボキャンペーンは今のところ常設のキャンペーンで、1度GETしたらそれでおしまいなのですが、グラブルでアイマスイベントがある度にグラブルプレイベースのキャンペーンがありますので、実際にはこれ以上のアイテムを入手することになります(ただ、復刻イベントの際にはおそらく「入手済み」という扱いになるかと思われます)。

 

つまりどういうことだってばよ

正直、剣と魔法の世界にどっぷり浸かっていたいところなのに、女の子たちがグラブルの世界観に驚いたり疑ってかかったり、アイドルやプロデューサーという単語を乱発したりというのは、興がそがれることはあります。

安易な異世界トリップにしらけたり、非アイマスプレイヤーにとっては戸惑うような個性があったり、普通のアイドルのはずなのに戦闘をリードしていくようなセリフを吐かれてちょっとむっとしたり、いろいろするんですけど……。

入手しておくと、かなりその後の展開に便利なんですよーウワー!!

特にアビリティ関係が便利です。魅了やブラインドなど、主人公が習得するにはやや時間がかかるアビリティや、アンデットや灼熱など主人公では取得できないアビリティなどを初期から持っていたり、アイマスキャラの誰かが起こせる状態異常に対して、アイマスキャラの誰かの奥義が追加ダメージを起こせるですとか……。

そんなこんなで、絶対必要だとまでは言いませんが、加入させておくといろいろと使いどころのあることは確かです。

イベントで出てきた全員を加入させなくても、便利なアビリティを持っているキャラだけ……とか、自分の手薄な属性のキャラだけ……などという入手もありかと思います。

結局、巡り巡って、アイマスキャラとはいえ加入させておいた方がグラブルにおいても有用です。特にこだわりがなければ、やはりイベント参加・アイマス進行で、入手しておくのがよいでしょう。多少の違和感は……慣れます!!

 

020

 

なんかアイマスが嫌いな人みたいな言い分になっちゃってる感じが否めませんが、繰り返しますけれど安易なクロスオーバーが嫌いなだけです……。

正直2つの作品の世界観が親和しているとは今でも思っていません。単純な異世界トリップからの単純な夢オチ……シナリオ的にはかなりため息ものなのですが……運営サイドがこう推してくる以上、それに乗ってしまったほうが楽だなあという感じですね。

以上、グラブル派によるアイマスコラボのお話でした。

 

 

 

 

 

グランブルーファンタジー(グラブル)は運営が丁寧すぎて泣けてくるレべル②

グランブルーファンタジーの運営丁寧だよォ!! 嬉しいね!! という話の続きです!!

 

 

 

回復アイテムが容易に手に入る

汁とか呼ばれている、AP(シナリオ進行体力)回復アイテムのエリクシールや、半汁ことエリクシール・ハーフ、汁粉と呼ばれているBP(マルチバトル=集団参加バトル参加体力)回復アイテムのソウルパウダー、ソウルシード類が、かなり簡単に手に入ります。

満タンに回復するエリクシール、ソウルパウダーはちょっと入手率が低いですけれど、エッでもわたし今エリクシール34個持ってる……なんでこんなに持ってんの……ってプレイヤーが思うレベルで手に入ります。なんでこんなに持ってんの。

半分回復のエリクシール・ハーフや、1メモリ回復のソウルシードはもっとざくざく手に入ります。もちろん何もしないでもざくざくってわけではなく、イベント参加報酬だったりなんだりはしますが、それでもこの量はかなり多いですよね!!

もうちょっと遊びたい、もう1回戦っておきたい、なんてときに、ストレスなく回復アイテムを使えるのがホント楽しみに拍車をかけます。

 

ゲーム内報酬アイテムでゲーム内のことをたいがいまかなえる

前回のエントリで書いた「宝晶石」ですが、これはゲームをしていると10~50個くらいがいろんなタイミングで手に入ります。

これでガチャが引けることは先に述べたとおりですが、それ以外にもアイテム所持数枠増加や倉庫の拡張、ジョブマスター後の育成ポイントなどもこの宝晶石との交換が可能です。

武器は強化素材にもなるためかレアリティを問わなければ大量に手に入り、しょっちゅう上限枠を超えてしまうので、一旦拡張しておくとけっこう楽です。あと回復アイテム類ももちろん宝晶石と交換できます。

今のところ「モバコインではできるけれど宝晶石ではできない」という制限は、期間限定の特殊ガチャでしか見たことがありません。

 

攻撃のできなかった戦闘、クリアできなかったシナリオでは体力が返還されるなどの細かい気配り

最大30人が参加できる「マルチバトル」では、参加タイミングや参加者の火力によって、自分がなにもしていないのに戦闘が終了してしまうことがよくあります。

そんなときは、参加に利用した体力がその場で返還されます。

また、1度もクリアしていないシナリオから撤退する場合も、体力が返還されます。

たとえば「属性を間違った!」とか、「思ったよりも敵が強かった!!」とか、そういう場合に「撤退」を選択することで、0からやり直すことができるわけです。もちろん、復活アイテムを使って続けることもできます。

 

クリア済みのシナリオなら、すべて後から見直せる

これ、案外大きいですよ!!

わたしが今までやってきたゲームや、人がやっているゲームなんかを見ていると、シナリオありきのゲームであってもそのシナリオが後から見直せないようなやつってたっくさんあります。

恋愛系のゲームなんかは、むしろそのシナリオをクリアした後に思い出めぐりしたいんじゃないのー!? って思うんですけども、そのときそのときしか見られない。

ちなみに携帯の恋愛ゲームにはまっている友人は、すべての画面のスクリーンショットを撮って保存しているため「この写真どうしたらいいと思う」といって渡してきたメモリーカードには1万枚くらいスクリーンショットが溜まっていました。こんなんなる前に相談しろや。

グラブルでは、メインシナリオ以外にも、自分が参加したものであれば、期間限定イベントであってもあとからシナリオを見返すことができます。

キャラクター各自にある加入エピソードや、アビリティ解放エピソードなども同様に、ちゃんと後から見返せます。

実際に見返すかどうかはともかく、これはかなり親切なつくりだなあと非常に感心しています。特にグラブルは声優さんが豪華ですからねえ……。

 

ゲームそのものの設定がかなりカスタマイズできる

グラブルでは、星晶獣と呼ばれるいわゆる召喚獣が戦闘時に活躍します。これがまた、ヒューマンタイプは美男美女が多いし、魔獣タイプは画面を覆い尽くすような大迫力で、しかもモーションが結構長いんですよ。画面にドドーンって出てきてズゴゴゴーって移動しながらビュワー!! って攻撃するんです!!

これ、最初の頃はすっごく興奮する!! しかもこの星晶獣、ひとさまの設定したものもお借りして呼び出せるので、ゲーム開始早々から強くてカッコイイ星晶獣をドンドン使っていけるわけです!! スゴイね!!

ただ飽きます。

結構、同じ星晶獣ばかりが重宝されているようで、「持っているとしたら必ずコレ!」みたいな感じで、お借りできるパターンがあまり豊富じゃないんですよね。それで飽きてしまうっていうのもありますし、基本的に戦闘回数が多いので、その中で飽きてしまうのもありますし……。

じゃあそれどうなんの、飽きても眺めてるしかないの、っていったら、普通にオフできます。すごい。

明らかにこれウリのひとつだろうに、普通にオフできます。しかも、フルに見るか0にするかではなくて、簡易版の表示もできます。ドドーンズゴゴゴービュワーをドドーンビュワーにも単なるビュワーにもできます。

他にも、SEとBGMとVOICEをそれぞれ「スライドバー」で音量調節することができたり、それぞれ高音質・低音質・OFFにすることができたり、画質や音楽を計量版にしたりで、好みやマシンパワーにあわせた調整がかなりのところまで可能です。

これもなかなかすごいことだと思います。

このほかにも細かく公開非公開の設定ができたり、フレンド申請を受け付けないようにできたりという設定がありますので、万一プレイ中に気になる点などが出てきたら、設定を見直すことでかなり改善ができるのではないかと。

 

020

 

あと、個人的にはキャラクターデザインや作画を1人の方がフルに担当されているのがほんっと嬉しかったりします。というと、普通の家庭用据え置きゲームに慣れている方には「?」な反応をされるのですが、モバイル系のゲームだと、普通にキャラクターごとに原画師が異なっていて、並ぶとカオスなことになったりしているやつとかありますからね。

属性ごとに担当が違って、この属性は萌え絵なのにこの属性はハヤカワ文庫SFなの!? みたいな……それぞれが悪いわけじゃないんですけれど、これプレイヤーは任意のカードを引けるわけじゃない上にひとつのデッキに並べるんですけど!? みたいな……。ハヤカワ、ハヤカワ、ハヤカワ、萌え絵とかだとこの萌え絵の子かわいそうだろ!? とかいろいろと……。

またアレなんですよ、恋愛ゲームなんかだと「主人公モテてる感」を出すためか、狙っているシナリオ中に他シナリオキャラも出てきたりしますけど、「だからお前ら骨格が違うんだから並ぶなっていってんじゃん、モテとかどうでもいいわ」ってなったりしますし。

わかってますよ、なにかを褒めるのになにかをくさすのはいけないってわかってます!! でもほんとこういう「無神経」なゲーム多すぎんの!! ゲーム好きとしては泣けてくんの!! こういうのが量産されて、悪貨は良貨を駆逐するようなことになっちゃうことに危機感を覚えてんの!!

だからこそ!! グランブルーファンタジーの提供する!! 統一感は本当に素晴らしい!!

 

020

 

他にもプレイ中に、いろいろと「アッこれもいいあれも親切」って思うところいっぱいあったんですけど、すぐには思い出せないのでまたなにかあったら追記します!!

 

 

 

 

 

グランブルーファンタジー(グラブル)は運営が丁寧すぎて泣けてくるレべル①

グラブルやさしいよグラブル!! グラブルやさしいよグラブル!! 大事なことなので2回言いました!! グラブルやさしいよグラブル!!

うん、ちょっと落ち着こうかって自分がイチバン思ってます!! しずこ ( @cigarillolover ) です!!

 

 

いや、最初はそこまで「ヤッサシーイ」とか「テイネエイ」って思っていたわけでもなかったんですけれど。今までやってきたいろんなクソ……アッイヤオンラインゲームとか携帯アプリゲームと比べると、これ、ひょっとしてすごく優しくない……? って気付いてからは、もう好感度だだ上がりで「ウワーこんなに無課金で遊べるなんてむしろ素敵すぎて課金したいくらい!!」って1回転してます。アホかもしれないです。

ただ、しずこはアホかもしれませんが、グラブル運営は頭がいいな……と思うんですよね……。

だって、「ゲームはたいして面白くないし不明点があっても特にケアはしないけどキャラクターのカードは出し続けるから、お前ら嬉しいだろう? このカード欲しいだろう? お金出しなよ」みたいなゲームいっぱいあるけど、そんなゲームにお金はらいたくなくないですか?

面白くって、たくさん遊ばせてくれて、運営もしっかりしていて、そこで課金要素があるともっと楽しめるっていうほうが、スムーズにお金出せません?

少なくともわたしはそうだなあ。カード主体のタップゲーが悪いとは言いませんが、もっとこのサービス続いてほしい!! って思った時の方がスムーズにサイフが開きます。

というわけで、今まで自分がプレイしてきた各オンラインゲームと頭の中で比較しながらちょっと「グラブルのどこが丁寧で優しいか」をつらつら書いていこうかと。

 

条件はあるが、SSRを指定してガチャをまわせる

プレイ開始1週間限定ではありますが、「スタートダッシュキャンペーン」と称してなんと、好きなキャラ(もしくは召喚石)を1枚指定してガチャを引くことができます。また、キャンペーンなどで同様のスタイルのガチャが期間限定でリリースされることもある模様。

3000円を高いとみるか安いとみるかは自由ですが、初期投資としてこのときだけ有料ガチャをひいて、その後を快適にプレイしていくというスタイルは充分に検討する価値があるでしょう。

しかもこれ、「好きなキャラをひけるチケット」と「10連ガチャのチケット」ですから、実質有料ガチャを11回引けるということですよね。確定チケットの方でSSRを選ぶとして、10連ではSR確定ですから、これだけで最低でも「SSRの武器+SSRのキャラ+SRのなにか」が確定するわけです。

グラブルでは「武器を引くとキャラクターがついてくる」というニコイチ(※もちろんすべての武器にキャラクターがついてくるわけではないです)なシステムなので、「SSRの武器+SSRのキャラ」と書いたのはそういうことです。

ガチャのSR確定部分には召喚石がくることもあるので場合によりますが、「SSRの武器+SSRのキャラ+SRの武器+SRのキャラ」が一気に増える(場合によってはRのキャラつき武器も一緒に来たりする)ということもありえます。というかありえました。

 

無料でも、コツコツプレイしていれば10連ガチャを引ける

グラブルでは、シナリオをクリアしたときに10~50くらいの宝晶石というアイテムをもらうことができます。ほかにもプレイを進めて行けば結構手に入る「称号」を入手したときや、イベント報酬、ログインボーナスなど、入手のタイミングはそこかしこにあります。

この宝晶石でも、300個で単回、3000個で10連のガチャをまわすことができます。結果的に無料で有料ガチャと同じものをひくことができるわけです。わたしはゲーム開始から約3週間で7回ほど無料で10連ガチャをまわしており、これでSSR4人、SR5人、R3人が加入しています。

(ただし、かなり時間がある状況でやたら熱心に取り組んだり、各種キャンペーンにうまくのることができたりといった要素もありますので、普通にプレイしている場合はもう少し回数が少なくなるかと思います。)

実は自分は最初、スタートダッシュガチャをまわす気はなかったんです。良くも悪くも最初の方はサクサク進めますし、SSRのよさもまだまだ実感できないですし、そしてなにより今までプレイしてきたゲームのひきの悪さを考えると、いくら1枚確定すると言われてもちょっと気が乗らなかった。

ですが、溜まった宝晶石3000個でガチャをまわしてみたところ、「SSR武器+武器についてくるSSRキャラ+SR武器+武器についてくるSRキャラ+R武器+武器についてくるRキャラ」がしれっと出てきて「ンギャア」ってなりまして。

強いよ強いよおじいちゃんていうかこのSSRおじいちゃん……お声が大塚周夫さんだヨォ……!! って違うスイッチが入ってしまって、それで一気に気持ちが傾いたのがあります。

ただこのスタートダッシュキャンペーンで選んだSSRキャラはちょっとハズしたので、その件については後日また書こうと思いますが……。大塚親子愛好家の手元に1回目の実質無料ガチャで周夫さんボイスのキャラが来るとかどんなヒキしてんの……!! しずこつよい……!!

 

イベントに積極的に参加していれば、SSR・SR武器やSRキャラが簡単に手に入る

これね!! これ!!

コツコツと参加していれば報酬などでSR以上のキャラ、召喚石、武器が手に入る!! もちろんモノによっては条件が厳しいのもありますが、仲間に加えて “イベント外のシナリオでも戦闘でも” 連れて歩いて、信頼度がMAXになると正式に加入してくれるという……。これもおかげさまで、開始早々SRキャラが仲間になってくれた上に、イベントあわせの属性なので、イベントボスの撃破にもすごく活躍してくれるという……なんという……。

現時点で3つのイベントを経過しましたが、途中復刻があったとはいえSRキャラ10人がイベントで加入しています。すごい。

このイベントキャラは、当然その登場イベントに対して有利な属性でリリースされますが、イベントが終わってからも活躍できるようなアビリティ(必殺技みたいなもの)だったり、イベントキャラを両方連れていると追加効果が発生しやすくなっていたりと、使い捨てではないのもいいなと思います。

 

ストーリー加入のSRキャラがちゃんと強いし、使える

グラブルは、メインシナリオを進めていると加入する仲間がSRで6人、Rで2人いますが、Rはともかくとして、このSRキャラはのちのちまできちんと活躍してくれます。

レベルキャップを解放していく必要はありますが、初期に仲間になり、シナリオでたくさん会話した仲間がいつまでも現役でいてくれるのは思い入れ派にとってはすごくありがたいことですし、きちんと無課金・微課金でも楽しんでいけるつくりになっているのがイイ!!

課金しないでもらえるキャラがほとんどかみっぺらで、すぐに他キャラの素材になってしまうようなゲーム結構ありますからね……手持ちのデッキにいないキャラで話が進んでいくけどどこに感情移入すればいいのか……。

そういう意味では、グラブルはシナリオを見ていて好きになったキャラクターを、ちゃんと育てて使っていけるのが嬉しい!!

 

強化がやりやすいので、進行で行き詰らない

グラブルでは、召喚石は召喚石と、武器・キャラクターは武器と合成することによってレベルアップすることができます。

キャラクターは普通にデッキに入れてプレイすることでもレベルアップしてくれますが、武器は合成が必須。その合成が、無料なんです。ゲーム内通貨もかからない。

シナリオの敵が強くて進めないから、武器やキャラクターを強化したいのにお金がかかる。そのお金はシナリオを進行しないと溜まらない……という堂々巡り的なところにはまるようなゲームってたまにありますけど、そういうのがない。

上限解放というレベルキャップ解放の際は、キャラクターの場合はいろいろアイテムとゲーム内通貨が必要にはなりますが、それも微々たる量です。ちゃんと稼げる範囲の金額。

召喚石と武器のレベルキャップ解放は、同じ種類のものを掛け合わせると可能なのですが、そのほかカジノで手に入るアイテムでも解放することができるので、過去にイベントで1つだけ入手した武器、なんていうのもあとから解放していくことがちゃんとできるようになっています。

SSRの上限解放アイテムはさすがにカジノにはないし、ちょっとキツイですが、ステータス上SSR至上主義でもなく、武器の場合は育てたSRと育ててないSSRなら育てたSRの方が強かったりもします。

 

020

 

長くなってしまったのですが、まだまだ褒めどころがあるので続きますね!!

 

 

 

 

 

8月31日までにグランブルーファンタジー(グラブル)をはじめるとイイコトアルヨ……!!

タイトル通りだよ!! 公式サイト(新窓)をどうぞ!?

9月1日まで、ログインキャンペーンでプレゼント抽選にエントリができたり、毎日宝晶石を500個ゲットできたりも嬉しいけど、なにより「SR確定10連ガチャチケット 1枚」「エリクシールハーフ(シナリオ体力回復アイテム) 25個」「ソウルシード(バトル体力回復アイテム) 25個」がもらえちゃう(※8月31日までに利用開始した場合、9月1日以降にもらえます)!!

あとね……シナリオ体力も、バトル体力も現在1/2だから、サクサク進行できちゃう!! すっごいオトク!!

宣伝しすぎ!? 金貰ってんのかって!? 広告審査落ちたわよ!!

 

 

 

 

いわゆるブラウザゲームやゲームアプリ、オンラインゲームの類はある程度やってはいたのですけれど、個人的には食傷気味で……。だというのに、ある日ふと上記のTweetがわたしのタイムラインに流れてきたことにより、状況は一変したのです!! ヒゲの!! オジサン!!

おヒゲの!! オジサン!! ウワアアアアオ

最初は該当のTweetをお気に入りにしただけだったのですが、「期間限定イベントっていうし……モタモタしてたらイベント終わっちゃうかもしれないし……ううん……」とちょっとだけ逡巡して、結局プレイを始めました。

大正解

blogはじまって以来初のイタリックを使ってしまうほどに大正解。

面白いのはもちろんのこと、課金を煽るオンゲの波に疲れ切っていた体に染み入る運営の優しさよ!! 結構本気で泣けてくらあ!!

 

020

 

物語についての言及は後日まとめて行いますが、基本的には「少年と少女が出会い冒険をしながら成長していくボーイ・ミーツ・ガール系(※ただし主人公の性別はカジュアルに変更可能)」であり、それ相応の青臭さや潔癖さなんかが見え隠れするものの、根底に大きな謎が横たわっている関係で、先が気になるつくりになっています。

ただし、現時点で全48章(1章4話のため約200話)ほど解放されておりますが、現時点ではシナリオは完結しておりません。気になるところで終わってる……。

ゲームは、googleアプリとして google Chrome のブラウザ上、もしくは各種スマートフォン搭載ブラウザ、もしくは各種スマートフォン専用アプリでプレイが可能です。アプリは使っていないのでなんとも評価できかねますが、少なくともPCのブラウザとスマートフォン搭載ブラウザでは(同じモバゲーアカウントでログインしていれば)共通のデータで遊んでいくことができます。

個人的にゲーム開始時には気になるところなのだけれど、あまり事前情報がない部分として、まず主人公=プレイヤーということで、名前は共通です。主人公の性別は、開始時点では男ですが、プロフィールページなどで「change」をクリックするだけでカジュアルに性別変更できます。

主人公の名前は、90日間固定後に変更可能になります。一度変更すると、また次の変更までに90日間かかります。ちょっとプレイ開始時の状況をはっきり思い出せないのですが、できるだけ初回プレイ時から名前を変更して開始することをおすすめします。

この件を先に述べてしまいますと、デフォルトの名前である「グラン(男)」と「ジータ(女)」はゲーム内にあふれすぎていて、今後フレンド登録をお願いしたり、ギルド加入をお願いするときの障害になるためです。

オリジナルの名前でもかぶることはあるかもしれませんが、グランとジータは特に差別化ができません。また、「始めてもすぐにやめそう」「強くなるまでやらなさそう」という判断を下されることもあります。特にこだわりがなければ、やはり名前はいじっておくのがよいかと思います。

 

020

 

音声は、メインシナリオとイベントシナリオではフルボイスです。またこれが豪華でなあ……!! ただし、主人公の名前については「君」「あなた」「団長」「団長さん」などに適時呼び換えられるか、呼び換えが難しい場合はそこだけ飛ばされます。

「行くぞ、グラン!!」というセリフだと、「行くぞ、」で終わっていてめっちゃムズムズするんですが、どう聞いても「行くぞ!!」ではなく「行くぞ、」という息と語尾の使い方なので、ひょっとしたら収録時には名前を呼んでいるのかもしれません。

フリークエストやフェイトエピソードなどでは、応用の聞く冒頭の「なあ、」とか「あの……」とかそういうセリフだけ転用されている感じですね。基本的にちょこちょことよくしゃべってくれますが、オートで聞くこともできれば画面タップ(クリック)で進んでいくことも可能です。

ほんっとよくしゃべってくれますので……ストーリーに絡むメインキャラに好きな役者さんがいるときは、それだけでもプレイを開始する価値があるのでは!! と思います!!

あっオンゲの波に疲れ切っていた体に染み入る運営の優しさにまでたどり着かなかった!! まあいいや

とにかく8月31日までにプレイを開始すると、とってもお得ですというのをこんな月末に言う訳ですが!! 初期投資3000円(3100円かも)を握りしめてぜひ、始めませんか!! グランブルーファンタジー!! オジサン好き以外にも、丸いおっぱい好きな人にもおすすめだわよ!!

 

 

 

 

 

『大神』当時攻略本があってもつまってしまったところナド + 攻略本の話

はい、相変わらずタイトル通りです。大神の攻略本、わかりづらいというほどではなかったのですが、そこまで親切でもない感じだったので、時々「だからその説明じゃわかんねっつってんだよォ」ってなりました……。

ツタ巻き遺跡の1ヶ所のために6時間費やしたって言ったらどんだけかわかってもらえるかな……。

あと、最近は検索の精度があがっているのか、書いてない内容について検索で来られることはあまりないのですが、当時の検索ワードではまあまあったので、それに対する回答なども書いてあります。

あくまで「自分がつまったところ」なので、全体的な攻略ではありませんが、誰かのブレイクスルーになってくれたらよいなあと思って書いておきます。

 

 

答選坊

実は、「光った順に」突く、ということに気付いたのは2周目のプレイでした。……どうやって1周目のときクリアしたのだろう……逆にすごい……!!

光ったところを突きさえすればいいんだとずっと思っていたので、何度も「光ったところ全部突いたのになんで!!」とイライラしていました。勝手に場所判定がすごいタイトなんだと思い込んでた。逆にすごい。

いちばん楽なのは、携帯などでムービーを撮り、一時停止をしながら場所や順番を確認しつつ対応することだと思います。


神木村大根掘り

わかってしまえばなんでもないのだけれど、最初は逃げるとタイムアウトになるし逃げないとゲンコツでゲームオーバーだしで本気で悩みました。

母ちゃんがゲンコツモードになったら、R1で墨をペトっとおけばびっくりして振り払うまでに間があるのでその間も掘り続けられます。筆技なしで逃げ回るとタイムアウトになるだけ。

場所にかかわらず、10本目にほりだしたものが「変な形の大根」になりますが、「変な形の大根」を掘り出したらイベントクリア……ではなく、その掘りだした「変な形の大根」を咥えて、ムシカイに見せることでこのイベントは完了です。

最初やっとの思いで「10本掘ったぞー! バンザイ! でも何も起こらない!!」と思っていたらゲンコでパアになったときはこのゲームやめようかって本気で思いました。かなり本気で思いました。


ツタ巻き遺跡

モモコノハナを伝って移動するのは、別にツタ巻き遺跡限定のアクションではないのですが、ここが一番タイトになっているように感じました。

また途中、攻略本などを見ても「モモコノハナを伝って進む」としか書かれていないけれど、画面に見えているモモコノハナを伝っても最終的に初期位置に戻ってしまう場所があり、ここで3日間ぐらい悩んだりしました。土偶!! お前のことだよ!!

で、これはツタ巻き遺跡やモモコノハナに限った攻略ではないのですが、大神で行き詰ったかと思った時はとにかく「視点移動」が必要です。

特にツタ巻き遺跡の該当シーンでは、モモコノハナのツタで移動している最中に視点移動をして、「今いたモモコノハナの上でも、次に行くモモコノハナの上でも見えない場所にあるモモコノハナ」を発見することでやっと先に進めました。

そこまでしないと先に進めないようなモモコノハナはここだけですが、他の点でも視点移動は大事なので、意識してみてください。


干支の置物・寅

攻略本では「入手方法・通常」となっているけれど、その攻略地図の場所に行っても発見できず、どこかで山に登れるのかと思って延々アマ公が走り回っても発見できなかった干支の置物・寅!!

これも上記と同様で、思いっきり上を見上げると、モモコノハナがあり、それを伝っていけば入手できました。

案外、真上に近い視点移動が必要なシーンが少ないので、周囲を見渡すことはしても真上ってなかなか見なかったんですが、わかってしまえば簡単でございました。


以上、こんなところでございます。ちなみに攻略本を見てもわからないし攻略方法もわからないままなのが、イリワク神殿の、最初に破魔矢カギを取りに行く途中にチラっと見えてる宝箱です。あれどうやって取るんだろう……。

★おまけ★

現在、絶景版の攻略本がちゃんと出ているようですね。自分はPS2時代にやっていたので、絶景版の攻略本の内容については不明なのですが……。

もし、今からPS2版をプレイされる方や、値段などの関係でPS2版の攻略本をお求めの方がいらしたら参考までに、CAPCOMが出している攻略本はあまり使い勝手がよくないという評価でしたので、わたしはファミ通の攻略本である『大神公式ガイドブック』を利用しました。

攻略にはかなり役に立ちましたが、なにかと情報がバラバラに書かれているので、見やすくはなかったかも……。

「より道(サブイベント)」と「ポイント(攻略手順)」がバラバラ、マップも「宝箱」と「手配妖怪の居場所」と「動物の居場所」が全部別のページに書かれているので、ひとつのフィールドを制覇するにもいろんなページを行ったりきたりしなきゃいけない。

あと、マップの絵が見づらいです。高低差が分かりづらいので、結構ウロウロしてしまうことも。見開き1Pを地図にして、全部をひとつの画像にしてくれたらよかったのにな、と思います。あと、上でも書きましたが、視点変更で探し出さなければならない点についてノータッチなので、基本的に「すすめない・探せないけど攻略本になにも書いてない」というときは、とにかく天をあおいでみるとよいのかもしれません。

 

 

 

 

 

前世紀のゲームを真顔でレビューする 『仮面ライダー』

へえ、『仮面ライダー』の英語表記って「KAMEN RIDER」でいいんですね!! 今知った!! といっても比較的最近のことのようですが。

ちなみに完全な余談ですが、自分は『仮面ライダー』は楽曲から入って『仮面ライダーSPIRITS』でハマって次は造詣にちょっとだけ浮気して離脱したようなやつなので、ええとなんというかにわかです。

ただ、周囲にすんごい濃い人が数人いた関係で、ヘンなところの深度が深かったりします。にわかのくせに。はい。ええ。

とりあえず『新仮面ライダーSPIRITS』のショッカーライダーを見て「アッこれ大野剣友会の人で描き分けてきた……!!」って気付く系にわかです。お手柔らかにお願いします。

 

 

ええと、「前世紀のゲームを真顔でレビューする」と言ってはいますが、プレイしたのもレビューしたのもどちらも結構前です。ただ、旧blogで自分が書いたエントリを参考にはしています。

で。これ、さすがにポリゴンは荒いんですが、かなり雰囲気がよくてですね、妙な再現度がありまして。普通に仮面ライダー好きな昭和世代の友達に見せながらプレイしてたら「ウワートイレ行ってる間すすめないでー」って言われたレベルでどストライクだったみたいです。

アイキャッチとかタイトルがそのままで、かなり意識して「テレビ番組」を再現しているような感じがあるので、当時見ていた人には嬉しい演出かも。

ストーリーモードが2種類あり、自分がライダーになって「本郷猛のまま襲い掛かってくる複数の戦闘員と戦い、変身して怪人と戦う」というタイプのものと(当然初戦の怪人は蜘蛛男)、自分が任意の怪人となってほかの怪人を倒し、特別な改造手術を受ける権利をゲットして、最終的にライダーと戦うモードがそれぞれ用意されています。どちらも全12話。

たしか、ピラザウルスとかサボテグロンのときは一文字隼人で戦っていたと思うんですが、はっきり覚えていません……だいじなことだと思うんですが……。出てくる怪人も微妙にうろ覚え……。12話……。12体だよね……。蜘蛛男、蜂女、サボテグロン、ピラザウルス、ガラガランダ、ヒルカメレオン、ゲルショッカー首領は確実なんですが……。あとはガニコウモル、ハリネズラス、アマゾニア、ゲバコンドル、カメレオン男だったかなあ……!! 思い出せない……!!

ただ、自分が格闘ゲーム下手だからそう思うのか、操作性が結構悪くて……あまり爽快にプレイはできないかな……という感じが……。出しやすい固定の技ばかり出してしまうので、「自分が子供の頃見たかっこいい仮面ライダー」を再現するにはそれなりの腕前が必要だと思います。

 

020

 

あとは、収集要素として、プレイごとに「カードをひく権利」みたいなものを貯めて(名称を忘れました)、その権利でデジタルカードを引くことができます。表面は写真、裏面に解説ありなので、当時のライダーカード的なつくりになっているのかな。一部ムービーで当時のCMを見ることができたり、音声がついていたりします。

ただこれ、くじ引きみたいな感じで運要素なので、途中から作業になりがち……。全100枚なんですが、わたしはコンプリート前にやめてしまいました。だって50回ひいて4枚しか新カードが出ないとか……トゥライ……。

これ、仕様に対する感想にもなるんですけど、どうしても飛ばせない演出とかが多いんですよ!! ライダーモードの最後とか。スタッフロールは電源を付けた後の初回はどうやっても飛ばせないし、ゲーム中にもやっぱり飛ばせない演出とかあるし。

いや見せたいのはわかりますよ!? でもこっちはもう作業としてプレイしてんですよ、刺身の上にタンポポ乗せるような気分でやってるわけですよ!? そこでガラガランダが「ショッカー帝国バンザーイ」とか言いながら崩れ落ちてたってこっちは(飛ばせないのわかってても)○ボタン連打ですよこのタケノコの水煮野郎が!! ガラガランダの右手ってタケノコの水煮に見えませんか!? 見えませんかそうですか!? エッ? 見えますよね!?

 

020

 

ちなみに諸々の不満点ですが、ライダーモードだと「全12話」といいつつ、前述のように戦闘員と怪人別々に戦うので、ロード待ちとか作業量がショッカーモードより多いんですよね……。なので特に作業ゲーになってからは、ショッカーモードばかりやってました。

あと、ガードが□ボタンというのが地味につらい。こういう格闘ゲームって他にもあるのかもしれませんが、自分は「レバーを後ろに倒す」のがガードという頭が強いので、最初の頃はガードしているつもりでくらいまくっているというマヌケなことをよくやっていました。

そしてさらに、ガードもダメージも同じ色で表現されているのでわかりづらいです。自分の攻撃が当たってるのかどうかもわかりづらいし、相手の攻撃を受けてるのかどうかもわかりづらい……という……。

あと、すごく細かい話なんですが、どちらかのダメージが50%を超えると場面が変わって、今までの間合いが初期値にリセットされてしまうので、地味にいらっとするのもあります。ラッシュがかけられない。

 

020

 

好きな点、いい点といえばライダーキックが強い!! ってことですかね!! 正直ライダーキックさえ出せればライダーモードなら勝てます。いや、そのプレイ内容はどうかと思うけれどもさ。でもライダーキックが弱いよりは絶対いいと思う!!

あと、ショッカーモードだと最終戦に「ライダー2号を忘れていたか!!」っていって2号が乱入してきてなかなか強いので、2号好きな人には嬉しい演出かもしれません。

それとね……それと……。

蜂女がめっちゃえろい……。

蜂女が……。

めっちゃえろい……。

 

蜂女がめっちゃえろいよ!?

 

020

 

自分の周りだと、当時蜂女が怖かったという人と何か感じちゃいけないものを子供心に感じていた人は半々なんですが、いやあ……負けた蜂女が横たわって身もだえしてるところとか……いいかんじにえろいよ!! なぜ身もだえさせたんだ!! グッジョブ!!

中段攻撃をくらったときもそれなりにえろかった記憶があります!!

あと、テクスチャの関係で、蜘蛛男の頭が若干バッファローマンっぽいです!!

さっきからどうでもいい情報ばっかりだな!!

 

020

 

BGMはたしか「悪魔のショッカー」一択だったと思います。最終戦だけ違ったような……。そしてこれ、ちょっと困ることにポーズボタンを押してもBGMが止まらないんですよ。1回、プレイ中に電話がかかってきたのでポーズにして話していたら、通話終了後に「ねえ、いつもショッカーの曲エンドレスでかけてんの?」ってメールが来ちゃいました。口頭で聞いてもいいのよ。

まあ、でもなんだかんだいっていいコミュニケーションツールにはなりましたし、3か月くらいの間は思い出したように遊んでました。自分がヘタなせいもあってある程度飽きが来てしまったのと、デジタルカードで滝和也2枚と死神博士をゲットしたので、満足してコンプリートはせずに終了。

初代PSゲームアーカイブスにないかな~と思って探してみましたが、残念ながらないようです。残念。蜂女えろいのにな……。

 

 

 

 

 

『大神』スリの早蔵攻略法

西安京の庶民街に出てくる「スリの早蔵」とは、合計4回対戦することになるのですが、自分がプレイ中にちょっと詰まったところに触れておこうと思います。

 

 

早蔵がドロンの術で分身した後、「対応した筆技を、それが浮かんだ順」にあてていかないと失敗です。

つまり
①水郷④水郷
②紅蓮③一閃⑤迅雷

みたいになってたら、最初に④に水郷をあててしまうと即アウト。引っ張りミスして⑤に水郷当てちゃってもアウト。

これが結構覚えにくいのと、対応する筆技と早蔵の位置によっては誤爆を誘発されるのと……なので、覚えきれなかったり位置的に難しいと思ったときは、空に丸書いて朝にしてしまい、再チャレンジしたほうが早いです。

対戦中の一時停止が可能ですので、早蔵が分身するところを携帯などでムービー撮って確認しながら対戦するのもひとつの手かと思います。

 

020

 

  • まず、早蔵のいる岩のあたりの灯篭に火をつけて、タネがいる筆技に即時対応できるようにしておく。
  • 水郷・紅蓮の線をひくときは、うっかり他の早蔵に当てないように大きく描く。
  • 早蔵が分身したら順番と対応する筆技を覚える。
  • 対応する筆技によって、早蔵の服の色が変わる。水色→水郷、紅色→紅蓮、土色→一閃、黄色→迅雷
  • まず壁を曲がられる前に1~2人減らしておく。
  • 追いかけて筆技当てようとしたり、筆技に必要なものを探すくらいなら、その場で待機。
  • 一応夜空に月を描いておいて、夜が開けて負け扱いになるのだけは避けておく。
  • 足音が聞こえてきたら、橋の方を向いてR1ボタンでこまめに筆技画面にしながら、ここでも1~2人減らしておく。
  • 通り過ぎられたらまた入口の方を向いて、背中に筆技。
  • それでもダメならまた走ってくるのをラストチャンスと思って待つ、か、ダメもとで追いかける。
  • 残りの技が一閃なら橋をわたって待っていてもいいけど、水郷・紅蓮ならおとなしくスタート地点で待った方がよい。
  • 最後の一人を筆技で倒したら頭突き必須。

    とにかく早蔵とのイベントは、速さ勝負をするというより悪者退治と決め込んで、待ちの姿勢がベスト。このために水路を飛び越えたり、道沿いに紅蓮で火をつけて回ったりするよりも、待つ方がよいです。

     

    020

     

    ~4戦目の雷と、バリバリ幽霊三太~

  • 4戦目になると、筆技4種に対して早蔵が5人に分裂するので、筆技がかぶる。順番を間違えないように注意。
  • 鬼ヶ島で迅雷を覚えるまでは、4戦目には勝利できない。
  • 呉服屋や桜子の家付近の川沿いの木の下にいる「バリバリ幽霊三太」か、神器の八握剣から雷をひく。

    ちなみに、「バリバリ幽霊三太」から雷をひいた場合、三太のセリフが変わるので、可能であれば三太利用をおすすめします。ただし、その場合三太の近くで早蔵の待ち伏せをすることになるので、どのタイミングであっても三太が利用できる、というわけでもありません。

    2番目くらいの早蔵が、迅雷対応になったら三太を使うチャンス! 1番目の早蔵を倒して、三太の前で早蔵が来るのを待っていればOK。そこでもう一人くらい倒せると楽ですが、そこまでしなくてもまたまっすぐ橋の前に戻って、早蔵を待ち伏せすればいいだけです。

     

    020

     

    早蔵イベントをクリアすると実にたくさんの人が幸せになりますし、アベノから(クリア後には対して驚かない)秘密情報は聞けますし、早蔵自身も思いがけないことを言ってくるので、むずかしー! と思っても一周目(ワンプレイめ)に対応するのがすご~くお勧めです。

     

     

     

     

     

  • 『大神』カイポクレース攻略法

    『大神』関係の感想は、実はまだまだあるのですが、その前にカイポクレース攻略法の攻略法をば。

    カイポクレースは、シナリオ上必須ではないのですけれど、コンプリートには関わってきてしまうので、2周目プレイのときにめちゃくちゃがんばりました。基本的にアクション操作が苦手なので、絶対むりじゃないかなあ……と半ばあきらめていたのですが、最終画面で徐々に徐々にカイポクの背中が見えるようになっていったので、これはやり方次第で行けるのでは!? と思い、ムキになってチャレンジ。

    最終的に、行けるのでは!? と思ってから数十回のプレイののちに、勝利することができました。ヒイフウ いつもカイポクとは違うコースを走るので、だいたい「ひょってしていけた!?」と思っても先にカイポクがいることが多かったのですが、3つ目のコーナーを曲がっても無人だった時のあのさみしいような嬉しさ……!!

    もうやりたくない。

     

     

    クリアしてみて思ったのは、基本的に記憶ゲーだなということです。どの画面でどのコースを取るか、どの画面でどこに障害物がくるか……をプレイしながら学んでいくしかないな……と。

    なので、この攻略も、基本的には覚えていただくしかないです。ただ、覚えてさえいただければ、これでクリアできます。わかりやすい攻略というよりは、試行錯誤の手間をちょっとだけ減らす攻略、程度に思っていただけるといいかもしれません。

    あとどうでもいいことなんですが、カイポク勝利時のセリフがイラッとするので、最初のコースで躓いたときは逆戻りして「迷ってどうするの」にしたり、もう結果無視してコース練習に当てて5分経過させて「いなくなっちゃうんだもの」にしたりして遊んでいました。

    全体的なコツ:

  • 2段ジャンプのあとは初速に戻るので、ダッシュを忘れずに
  • うかつに飛びまくると時間ロスする
  • ひとつめのコースで抜き去り、ふたつめの滑る足場(水が紫のところ)で追いつかれていなければほぼOK
  • 逆に言うとここのあたりでまだカイポクの気配があるようならすごいタイト
  • 道を覚えて、カイポクとは違うルートでショートカットする
  • イバラにひっかからないように
  • 氷柱、雪玉の出現位置は(自分のルートぶんだけでいいので)覚えてしまう

    注意:

  • 言うまでもなく木は浄化しておく
  • 凍ったらすぐ一閃で脱出
  • とにかくダッシュの速度を保つ、カイポクを気にするくらいならツララの影を気にする
  • キラキラをくぐった後の画面では初速に戻っているので、即□ボタンでダッシュを再開する

    即一閃すれば、カイポク追い越し後は3回くらい凍っても平気でした。イバラもちょっとひっかかったけどOK。あと、攻略では残り2:30くらい必要と書かれているところが多いけれど、2:15でも余裕でゴールできました。

     

    020

     

    ~攻略~

  • カイポクのセリフを○で送ったら即スタートなので、どうしても最初はカイポクに分がある。
  • スティックは前に入れたまま○二回(もしくはスタートで飛ば)して、レース後□ボタン。

    ~ヨシペタイ1~

  • 一つ目の茨は二段ジャンプ。そのまま華麗に杭の隙間を抜け一段ジャンプ。
  • 二つ目の茨を超えたら即右で杭の立っているコースを壁なりに走るとカイポクに追いつく。
  • (このときカイポクは三つ目の茨を飛んで超えているので回り道している)
  • カイポクとの合流地点になる右カーブでは、自分のルートから直進しているとテクスチャの問題で左側の壁にひっかかり追い抜かれてしまう。その次の氷柱を超えるつもりで、壁なりにならず大きく右カーブして進む。
  • その先の氷の床+足場でカイポクを引き離せるように、右カーブの先の氷柱にはひとつもひっかからないこと!
  • で、その通り進めていたらここは多少ロスしても足場を飛んで超えて行く。床ですべっているバアイではない。
  • 床におちたら慌てず足場に戻ること。ここではまだ、カイポクの足音が聞こえていても挽回できる。
  • このあと二つの茨を超えたらすぐ右なので道を間違えないよう。ここの画面変化のキラキラでカイポクを引き離していたらかなり楽に。

    ~ヨシペタイ2~

  • ここではまた初速に戻っているので、画面切り替え後に□ボタンを忘れずに。
  • ここもツララを避けながら、「三つの段差はすべて一発ジャンプで進む」。できないとアウト、ということでもないけれど、それだけの速度を意識しておいてほしいということ。
  • ツララは、道のど真ん中を進んでいれば、こまめな調整でよけられる。
  • ダッシュをしていれば、ツララより先にコースをいけることも。
  • 2で三つ目の茨の前で大量にツララが落ちてくるけれども、ここも画面の中心あたりにいると当たらない。
  • 水が紫のところでは、二段ジャンプ→ダッシュ→二段ジャンプ…と進んでいく。
  • 心配なら二段ジャンプ+頭突きで。その場合も氷の上はダッシュするように。小さいようで大きな違いになる。
  • 水のところを超えると、右側に杭があるので飛び降りる。
  • 一段高い道の左側に杭があるので、それを目安にまた飛び降りる。
  • そうするとまた杭があるので、そこを飛び超えて即左へ。もう画面切り替え。

    ここからは完全にカイポクのはしりと別ルートになっているので、ゴールまでカイポクに勝っているかどうかわからない。というか、ここでカイポクとまだ競っているようだと、たぶんショートカットしても勝てない。


    ~ヨシペタイ3~

  • ここも画面切り替え後即□ボタンで、「画面右壁沿い」に走ると、雪玉みっつがスルーできる。
  • 直後、今度はすぐに左壁沿いに行くと次の雪玉スルーしつつ壁があるので、そこを登る!
  • 一瞬タイミングをずらすか、壁をつかっての二段ジャンプかにしないと、その壁から落ちてくる雪玉をくらうので注意。
  • 登ったあともう一回ジャンプして一段高い道にのぼる。ちょっとその道を走って、眼下を5~6個の雪玉がはしっていったら即降りてよし。
  • 降りたらまた画面右側へ。まず一個、次三個の雪玉がかわせる。紅蓮とか一切必要なし! ただしいずれもダッシュ速度を保っていること前提のタイミングなので、のたのたしていると全部食らう。
  • そうすると次は床が氷の場所へ。ここまでカイポクを引き離していたら一回くらい凍っても平気なので、氷の床を行く。
  • どうしても氷の床が苦手な人は、左右が雪道なのでそこをダッシュしてもいいかも。
  • その次はまた杭をみつけてジャンプ落下、左側に杭があるのでそこをまた落下、もう一個の杭を落下で左に曲がれば、ポンコタンへの入口。

    入り口前にカイポクがいたら負け印。ナマイキなこと言われるので嫌な人は時間つぶしたり逆走したりご自由に(まあ、早いのは諦めてゴールしてスキップすることなんですが)。

     

    020

     

    左に曲がった時に、カイポクがいなかったときの虚無感といったらすごいこと。ちなみに「最高速度はアマテラスが上なのでカイポクについていってラストスパートで抜く」「紅蓮で氷柱を消しまくって好きに走ればOK」という攻略法を載せている方もいらっしゃいましたが、自分ではそれだと結局クリアできませんでした。

    ちなみにクリア後、また森の入口にいるカイポクのセリフは二種類。強制的にレースになることはないので、気になる人はどうぞ。あー疲れた!!