攻殻機動隊S.A.C.に出てきた『ライ麦畑でつかまえて』の装丁について

capture-20150512-161510作中でトグサが持っていて、最終的に投げ捨てるサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』ですが、表紙に何か……何……あれ何……? 何科何目のいきもの……? まあ何か描いてありますよね。

では実際の商品はどうかというと、何も描かれてないんです。同じラインナップのシリーズと一緒の、カラー切り替えが入っているだけ。

というこの点についてのご説明です。

 

 

単純に回答からいきますと、トグサさんの持っているのは版が古い奴です。以前同出版社から発売されていた『ライ麦畑でつかまえて』の表紙には、あの何か……まああれピカソの素描なんですけれど、あれが確かに描かれてあったんですね。なので一定の年齢以上の方(自分も含まれますけど何か?)にとっては、『ライ麦畑でつかまえて』といえばアレ。というかサリンジャーといえばアレ。という印象がついている人は少なくないと思います。

では現在あのバージョンを手に入れられるのか? という問いに対しての回答は「新刊ではNo」です。お察しの通り、古本でなら探せないことはないと思います。長いことアレ付きで販売されていましたからね。

 

020

 

ではどうしてアレ……ピカソの素描は排除されてしまったのか……? という件に関しては、「この作品に関してはどのようなイラストもつけないでほしい」とサリンジャー側のエージェントから出版社に要請があったとのことです。

作中に出てきた商品が実際にあると思うと、ついつい入手したくなってしまうのがこの趣味の性、というところはあると思いますが(ケロタンとガー子とか中原中也の詩集とか)、今件に関してはこのような事情がございましたとさ。

 

020

 

ちなみにこれは、以前にキチンと出版社に確認した情報なのですが、今見ると他者から風景画ではありますが表紙絵つきのものが出てるんですね。どういうこっちゃ。とはいえ「サリンジャーのエージェントが禁止してるはずなんですけどなぜ表紙に画像を利用しているのですか?」という問い合わせは普通に邪魔くさい感じがしますので、それはやめておきます。

ま、ピカソの素描か消えたのは、こんな理由でした。

 

 

 

 

 

攻殻機動隊って何度もアニメ化されているけど、どれを見たらいいのかな、という疑問に対する個人的な意見

『攻殻機動隊ARISE』、小説、コミカライズ以外は基本的に目を通しています。具体的には
『攻殻機動隊』
『攻殻機動隊1.5 HUMAN ERROR PROCESSER』
『攻殻機動隊 2 MANMACHINE INTERFACE』
『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』※2.0は未見
『攻殻機動隊イノセンス GHOST IN THE SHELL 2.0 INNOCENCE』
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』
『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』※3Dは未見
……かな。結構ありますね。

で、これ最初から見るのどれから見るのォという件に関しては、劇場版第1作の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』とTVシリーズ版の『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』です!! という風に推したい!!

 

 

各シリーズの2作目は、映画も原作もTVシリーズもそれぞれ内容がむずかしいんですよね。

もちろんいずれの2作目も見るべきところ目を見張るところたくさんあるんですよ!! でも最初に手にしてもらうには、ちょっと難解な娯楽だというふうに思います。『イノセンス』とかいまだに「???」ってなる……。もちろん自分の理解力の問題もあるけど……。

 

020

 

映画版1作目である押井守監督版『攻殻機動隊』は、このあとに続く各種攻殻のベースとなる設定、関係性、キャラメイク、画面の感じ、動きなどがものすごく完成していますし、ストーリーや娯楽性のバランスが本当に適切なんですよね。気楽に見始めることができてそれでいて深くはまれる良作だと思います。

ただこの説明文、あとで紹介する『STAND ALONE COMPLEX』と比べると淡々としているのは否めませんけれど!! それでもこの押井監督版『攻殻機動隊』を見ずに「とりあえず『STAND ALONE COMPLEX』見なよォ」とは言えないんですよ、

 

これで「素子ォー!!」に出会っておいてほしいんですよ!!!!! (あっ興奮した)

 

「素子ォー!!」はね、まあ有名だしご存じの方も多いかとは思いますけれど、普段は「少佐」としか呼んでいないバトーさんが、こう、極まってしまったときに出るんですけれど、これについて語りたい部分は2点ありまして。

 

020

 

ひとつは、この「素子ォー!!」のインパクトが強かったからか、このあとたびたび使われちゃうんですよね。レビューサイトなんかで「おなじみの素子ォー」とか言われちゃったりして。でも、本当に本当にこの素子呼びが必要だったのって、この映画の「素子ォー!!」だけだとわたしは思うのです。

そしてもうひとつは、上記の件も絡めて、この最初の「素子ォー!!」を本当に純粋な気持ちで聞いて胸を突かれてほしいんですよ、頼むから。お願いですから。純粋っていう言葉が気持ち悪ければ、「先入観なく」とかいやここで先入観与えてるんですけど「フラットな気持ちで」とか絶対聞いたらフラットなんかじゃいられませんけど、とにかく「またか」と思わずに、

 

初めて聞く「素子ォー!!」がこの映画の「素子ォー!!」であってほしいの!! 誰でも!!

いや実際には違っていても構いませんけど、でも今から選べるんだったら、ぜひそうしてほしい!!

 

メタルギアをプレイされている方なら、大塚明夫さんのフォーックスメリルーリキッドォー!!! を耳にしているとは思うのですけれど。そのいずれもすばらしいんですけれど。でもでも個人的にはもうこの「素子ォー!!」が最高だと思ってます。わたし自分の名前に愛着があるほうですが、「もうこんな風に呼んでもらえるならわたしの名前モトコでいい」って思ってしまうレベルで謎の上からで全国のモトコさん申し訳ありませんちょっぴりうらやましいよォ!!

嘘ついたすっごくうらやましいよォ!!!

(戻ってこい)

冗談抜きで、そして贔屓目も抜きで、「人というのは人の名前にこれだけの思いを乗せられるものなのか」って、自分の知っている知覚の諸々を塗り替えられかねないほどの勢いがあるので。

ぜひ、ユアファースト「素子ォー!!」はこの映画の「素子ォー!!」であってほしい、と思います。

 

020

 

そして自分がいちばん好きな攻殻であるのが『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』です(以下『S.A.C.』)。映画としても上映されているので、アニメ関係の情報にふれている人なら笑い男のマークとか知っているんじゃないかな?

これは完成度が高いですよ!! 夢中になりますよ!! そして玉川沙己子さんがすごい!! あんまりすごくてわたし携帯でタチコマンズの歌録音しましたよ繰り返し聴きたくて!!

アッいやすごいのは別にタチコマンズの歌限定なわけじゃないんですけど!!

 

020

 

TV版では、笑い男事件と平行して「タチコマの自我」の話があるんです。一日の終わりにはその日のメモリーを全体で共有化し、特にプログラムをわけているわけでもなく個体差が生まれるはずがないタチコマにどう見ても個性がある。これは発展なのか危険なのか、兵器に自我は必要なのか、つまりタチコマにゴーストは宿るのか……?

しかしながら、映画版を見るとほんっとに綺麗に、最初からこれしかなかったんじゃないのォ? というクオリティで笑い男事件にのみフォーカスした再編集がされている、これもあまりにも見事なんですよ!! 再編集と言うより最初の構成の時点で計算され尽くしているのだと思います。変な切り張りとかじゃないですし。さすがに一部、せりふの変更はありますけど、TVシリーズの素材だけでこの破綻のない映画ができるんだと思うと、もう。

なので、一度TVシリーズとして見てから映画版を見ると、ほんとうにしみじみ「構成ってこういうことを言うんだなあ」って背筋が伸びます、そういう楽しみがあります。ちなみに映画版しか見ていない友人は完全に笑い男の話しかなかったものだとすら思っていました。

 

020

 

ただ、その再編集に伴いタチコマの出番が大幅に減ってしまった関係で、一部の物語が「ただの展開」になってしまってもったいないんですよねえ。これ、初見の時からずうっと思っていることなんで、ちょっとのちほどネタバレも含めて別枠で述べたいと思いますが(いつになることやら)、自分としてはTVシリーズのそこが最高に見てほしい場面なので!! やっぱりTVシリーズのほうを選んでほしいです!! ぜえはあ

攻殻ですごいなあと思うところっていっぱいあるのですが、なんというかタチコマにあれだけキャラクター性をもたせておきながらどこまでも「モノ」として扱っているのがすごい来るんですよねえ。タチコマが持っているのは命じゃない、っていうのをとてもキッパリさせている。まあずるい見方をすると「制作としてはガッチリかわいらしい生き物として描いているけれど、キャラクターはそう扱っていないことへのギャップ」なのかもしれないですけど。

そういう点も含めて、ぜひぜひTVシリーズバージョンをご覧いただきたいです。

 

020

 

このあとは『2nd GIG』とか『SSS』になってくるのかと思うのですが、自分の感想を言わせていただくと『2nd GIG』はブレる、『SSS』はユルい、なのであとはみなさまの裁量にお任せしたいと思います。

ネタバレがあってよければ、『2nd GIG』はブレるについては先のタチコマの件と併せて、後日述べたいと思います。いつになることやら。

 

 

 

 

 

どの『あしたのジョー』からはじめるか

自分が『あしたのジョー』を見よう、読もうと思ったのは、アニメが出崎さん作品だったから、なのですが。

わたしこのblogで出崎監督が好きだとか一回も言ってませんね!! あっ読み返したらチラッと言ってた!! 出崎監督ならなんでもOKではないけれど、かなり心頭はしています。自分がはじめて「アニメの監督」という存在を意識して、「この監督だから観たい」という行動をとらせてくれたのが『宝島』からなんだけれど……それはまた別項目で書き散らそうかなと。

 

 

で、『ジョー』ね。原作が全20巻、アニメは『あしたのジョー』『あしたのジョー 劇場版』『あしたのジョー2』『あしたのジョー2 劇場版』があるのは最初に調べましたが、これを全部見るとなると……うーん……結構かかるなぁ……ということで、この当時映像作品を見るのがあまり得意でなかったわたしはまたもや年上のマニア系友人を頼りました。

で、言われたのは「原作を読んで、2の劇場版を見て、2のTV版を観たらそれで充分じゃないかな」と。

結果としてそのアドバイスを守ることはなかったのですが、まずはコミックスを買いました。

わたしもう友達になにか尋ねるのやめたらいいんじゃないかな!! そう思う!!

 

020

 

それまでちばてつや先生の作品を本腰を入れて読んだことはなく、特に気にせず読み始めて、普通に原作のパワーにノックアウトされましたおもいろいおもしろいなにこれ! おもしろい!! あ、いや、愉快って流れのおもしろいじゃないんだけど!! すごい!! すごいこれ!!

ちなみにここでもコミックスは復刻版をおすすめしたいです。『デビルマン』の愛蔵版ほどひどいことにはなっていませんが、『ジョー』もものによっては若干言葉が修正されてしまっているので。それでおもしろさが損なわれてしまうものでもないですが、めっかちのおっちゃんに「やつはボクサーとしてかたわだ」と言われるのと、片目のおっちゃんに「ボクサーとして欠陥品だ」って言われるのって、まあ知らなければ比べようがないけど、でも、やっぱ違うよなあ、と思うので……。

コミックスを読んだときは、気分が悪くなるくらいはまって、自分は今これすごいものを読んでいるなと思って突っ伏したりもしていました。よく今まで知らないできたなと。感動したり反省したり放心したりで忙しい気持ちで過ごしました。

 

020

 

その後、自分にとっては本当にタイミングよく、Gyaoが無印版『あしたのジョー』を全話無料配信してくれたので、流れでアニメの79話を見ることになり、その結果。

「あーこれ全話見るべきだな、少なくとも誰かとジョーの話がしたいなら見るべきだ」という結論に達しました。

 

020

 

現在、『ジョー2』がまだ視聴できていないので、個人的な意見だとしても最終的な結論としては言うことができなくはあるのですが、「どの『あしたのジョー』からはじめるか?」という問いに対しては「復刻版原作コミックス全20巻からの、初期アニメ全79話からの、ジョー2でフィニッシュ」ということになるのではないかな……と思っていますし、もっと言えば、「復刻版原作コミックス全20巻からの、初期アニメ全79話」まででもいいように思っております。

ヘェ、なんでそんな初期アニメ79話に入れ込んじゃったノ? というあたりの点については、結構長くなったので、また後日。

 

 

 

 

 

エースをねらえ! アニメ版のみの方にお伺いしてみたいことがござんす

アニメ派の方にとっては、ひろみの恋の相手は宗方コーチなのですか?! ということに驚いて思わずエントリを立ち上げる次第……。

いや、こういうふうに問いかけてもあまりご返答をいただけるものではないということはわかっているのですが、ちょっとびっくりしましたので。

特に「子供のころから好きだった」とか「これがバイブル」という入れ込みはなく、出崎統監督を好きになって、他の作品も見たいな~、ああこれも手掛けていらっしゃるのか先に原作を読んでおこう……あ……ああ……おもしろい!! という始まりなんですが……。

 

 

それでも、藤堂さんのさわやかな愛情とか、高校生とは思えない包容力とか情熱、それに伴う尾崎さんとの友情……!! 宗方コーチに苦言を呈されてからの身の引き方、ひろみへの見守り方など、ずいぶん素敵だなあと感じていましたので、そういうものがスポっと(作品によっては)抜けてしまっているの? と思うと……!!

なんだかすごくもったいない気がする……!!

もちろんアニメ化にあたっていろいろ設定や話が変更になるのはわかっているんです。ですから(尾崎さんの角刈りは別として)よい・悪いで論じようとは最初から思っていませんし、原作の通りにアニメ化するべきとかいうなら出崎監督好きな意味がわからねえと自分でも思います。

でも、見守ってくれる藤堂さんの異性としての愛情と、導いてくれる宗方コーチの師匠としての愛情両方を受け、その中でテニスに打ち込むひろみというのが、とてもお話として魅力的だと思うんですよ……。そのあたりが薄まってしまっているとしたら、ひたすらもったいないなと。

 

020

 

自分が視聴済みなのは『劇場版』と『2』なのですが、原作でいうとおチバくらいの存在に落ち着いてしまっている藤堂さんを見て「ううん……。」と思っていたところに友人からの「え? 原作ってそんなに藤堂出てくるの?」発言にちょっとショックを受けまして。出てくるよ!! メインキャラだよ!!

『旧』『新』『劇場版』でもちゃんとメダル云々のくだりは出てきていますし、『旧』に至っては「すき! すき! すき! 藤堂さん」というようなサブタイトル回もあるのでこのような反応にはならないかと思うのですが、びっくりしてたら相手がどのエースを見ているのか聞きそびれたというね……。宗方コーチの声は自分にとっては中田浩二さんだ!! 野沢那智さんじゃない!! といっていたのでそうなると『旧』を視聴しているはずなのですが……。

 

020

 

原作を読み『劇場版』と『2』を見た身としては、「アニメだけを見た場合、そう思う方がいらしてもまあ納得だなあ、寂しいけれども……。」という感じです。宗方コーチの存在感がすごすぎるのもありますが、この2作品に限っていえば、藤堂さんの存在がかなり薄まっているので。

まあ、原作もぜひ読んでくださいという話なんですけれど。

どのエースを見たかに関わらず、「宗方コーチは知ってるけど、藤堂さんって……?」という状態の方は、ぜひ原作をご覧になって「こんな高校生……いない……でも格好いい……!?」と思っていただければ幸いです。

 

020

 

あと、ここまで書いておいて、友達のカン違いなだけだったらどうしよう!! その場合は調査不足をお詫び申し上げます!!

 

 

 

 

 

『ふしぎの海のナディア』を見ています

最近、食わず嫌いをやめようというのもあって、いろんな作品を見るようにしています。

それで手を付けたのが『ふしぎの海のナディア』なんですが。

 

 

これ、本編をTVでやっているときにたまたま見たシーンが「人殺しよー!!」だったので、非常に印象が悪いんですね。

説明不足すぎるかな。自分の命が危ないところで、どう見ても助けてもらっているのに、助けてくれた相手に向かって「人殺し」呼ばわりのうえ、とどめとばかりにもう一回「人殺しよおおー!!」とか絶叫しているシーンで……。

うわあ……。

その後、古いアニメやマンガに詳しい友人とその話になった時、「ナディアは意図的に同性が嫌うような性格に設定してあるらしい(※ソース不明)」というようなコメントをもらったこともあり、自分の中では意識的に避けていたんです。じゃあなんで見てるのかっていうのは……まあ……これだけ気になってるならちょっと見てみたら? と。心境の変化に伴って、一番象徴的に避けていた本作にチャレンジしているんですが。

(純粋に本作をお好きな方には「チャレンジ」という単語がそもそもお好みではないと思われますが、キャラクターとしてのナディアの性格付けが自分にとってはかなり好ましくないという前提がありますのでご容赦ください。)

 

020

 

それで同じ人に「最近ナディア見てるんだー」という話をしたとき。

前述のとおり、自分としては「そういう心境の変化がありましたよ」という近況報告だったのですが、お相手からは「自分は作品としてのナディアが好ましくない」というのを皮切りに、「だいたい庵野秀明と貞本義行ということでロボットアニメを期待していたのに、見てみたらロボットアニメじゃないからがっかりした」とか、「あのシーンはあのアニメと同じで、あのシーンは別のロボットアニメと同じで、あのシーンも元のアニメを知らなければ泣けるんじゃない?」と畳み掛けられて、「年長のオタク友達と話しているときの疲労」を久しぶりにしみじみ味わうことになりました。

というわけで実はこのエントリ、ナディアの話ではなくて、オタク友達との年齢差ってときどきすごくありがたいこともあれば、すごく困ることもありますよねっていう内容なんですけど。

 

020

 

いや、わかりますよ!! わかります!! 自分だって「あばよ、ダチ公」って言ったときに「グレンラガン?」って聞かれたら「ゲッターロボだよコンチクショウ」って思いますよ!!

「世界の中心で愛を叫んだけもの」の話をしてるときに、「エヴァでしょ?」って言われたら「いやいやいやいや」って反応したくなるのもわかります。

リスペクトのネタ元を知らずにリスペクトした側を無邪気に「スゴイスゴイ」って言われたら抵抗があるの、すごくわかります。

 

020

 

でもそれなら「自分は元になった作品がそれぞれ好きだから、オリジナルだと思って無邪気にその作品だけを讃えてほしくない」っていう言葉で表せられると思うんですよね。もうちょっと気持ちがおさまらなかったら、「見てから気に入ったシーンを教えてくれ、パロディ元をそれぞれ教えてやろう」でもいいと思うんですよ。たいがい意地の悪い言い方ですけど。

それを、「作品」そのものを攻撃するような意見を、それも一方的に投げかけられると、「いやわたし、この作品見たほうがいいかどうかの判断はもうしたよ、それで見るって決めたんだから、あなたがいくらこの作品を好きじゃなかろうとそれは今関係ないよー」って思ってしまうんですよね……。まあ、次からこの人の前でこの作品の話はやめようっていう情報にはなりますけれど。

 

020

 

多少は仕方ないと思うんです。生まれてきた年代が違ったら、ネタ元とのファーストコンタクトができていないっていうことは。

そこで「知らねえのか!! おめえはダメだ!!」ってなってしまうと、お互いにとってちょっと不幸ではないでしょうかね?

別に年長者は常に指導役でいてくれと言いたいのではないんです、好みがあるのもこだわりがあるのもわかります。でも、今、テレビをつければどんどん新作をやっている現代に、敢えて「もう古いかもしれない」作品に触れようとしている気持ちも尊重してもらえたらいいなあ、と思います。

この手の話って、オタク同士の世代間コミュニケーションとしてかなり根深いものがあると思いますし、自分はちょうどそこにはまっていろんな経験をしていますので、いつかまとめられたらなあ……。

ちなみにナディアはやっぱりあわなかったので、サッパリ見ていませんがもういいやと思っています!!

 

 

 

 

 

宇宙戦艦ヤマト2199原画展 池袋西武別館にて開催決定!!

yamato2199

『宇宙戦艦ヤマト 2199』原画展が、2014年4月22日(火)~5月7日(水) 池袋西武別館2階の西武ギャラリーで開催されることが決定していたようですね。公式Twitterに「イベント・グッズ情報」とあるので何か期待してもいいのでしょうか……?

「宇宙戦艦ヤマト2199原画展」公式サイト
「宇宙戦艦ヤマト2199原画展」公式Twitter

 

 

西武ギャラリー自体はそんなに大きなスペースというわけではなく、微妙に奥まった……というか「西武に来たついで」で足を運ぶような場所でもないのですが……ゴールデンウイークの混み具合が予測できなくて怖い……。

何線で来ても、だいたい最初には「B1F」を移動すると思います。

とにかく「東口」「西武東口」方面(出口の番号で言うと36番)へ向かい、地上へは出ずに右折→西武池袋線改札前から……って、場所を案内するときに「上下左右」で説明するのって邪道なのかな……。自分はある程度アイコンが判明したらそのほうがわかりやすい派なので、それでざくっと言っておきます。

ikebukuro-st

左下の、赤枠でかこったところを目指してもらうので、とにかく「東口」へ向かいます。

いくつか地上に出る階段がありますが、外には出ずに、「B1F」の西武池袋線改札を目指してください。(ご利用の各線改札を出てからは、階段を利用することはないと思います。)

西武線の改札が目視できる場所に来ると、西武への入り口が複数個所あります。そこから入店して「右手側」に進みます。

光る時計の柱がある入り口からだと、少し食品街を抜けます。西武改札前の入り口からだとほとんどすぐのところ(エレベーターの右手側)の角に、鯛焼きの「味咲き」があり、その先に別館への連絡通路があります。

連絡通路を進むとリブロの店内が見えてきますが、その手前にエスカレーターがありますので、それで2Fまであがるとすぐにギャラリーが見えていますのであとちょっと。

!! エスカレーターをあがってすぐ目に入る「あきらかにギャラリー」なそこは、「ギャラリー出口」です !!

エスカレーターを降りて少し左に向かうと、今度は右手側にギャラリーの入り口があります。やっとゴールです。

写真も用意しない不親切仕様ですが、参考に……なるでしょう……か……。

 

 

 

 

 

iTunesで配信中の大塚明夫さん+アンパンマン楽曲