トム・ハンクス『ターミナル』 感想前のあらすじ

 

 

※あらすじをわかりやすくするために、キャラクターについて判明する事実などは映画の時系列に沿っていない部分もあります。

【ビクター(主人公)自身について】

クラコウジア(※架空の国)からとある目的を持ってやってきたビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)だったが、フライト中に祖国でクーデターが起きて政府が消滅。そのためパスポートに対して利用停止措置が取られ、それを受けた米国国務省から入国ビザが取り消されてしまった。

現在は新クラコウジア連邦に姿を変えたものの、その新クラコウジア連邦と米国が正式に国交を結ぶまで手続きを進行することはできず、その間ビクターは「無国籍者」という扱いに。政治亡命者でもないため、人道的入国許可や一時的雇用入国なども適応することができない。

その説明のため別室に呼ばれるも、彼はほとんど英語が話せないため、空港の国境警備局主任であるディクソン(スタンリー・トゥイッチ)の説明は一切理解できない。しかしディクソンはひととおりのことを英語でのみまくしたてると、テレホンカードと食料用のチケット数枚、空港内のパスカード、呼び出しのためのポケベルを与えてターミナルに放り出してしまう。直後、ビクターはテレビでクラコウジアのクーデターを知り、失意の中ターミナル内での生活を始める。

彼の目的は、父親のためにとあるジャズミュージシャンからサインを貰うこと。

父親は熱心なジャズファンで、ニューヨークのジャズミュージシャン57名が写った「ハーレムの素晴らしい日」の写真を見て、シスターに代筆してもらった手紙を、その写真にうつっている全員に出していた。そのうちの56人にはサイン入りの返信をもらっていたが、うち1人のベニー・ゴルソンからは返信が来ることはなかった。

ビクターは父親が亡くなる前に、必ずニューヨークへ行ってベニー・ゴルソンのサインを貰ってくる、と約束しており、その約束のために空港にとどまり続けていたのだった。

 

020

 

【警備主任との軋轢】
国境警備局主任のディクソンには、上司の引退により昇進のチャンスが訪れていた。そのためか時間のかかる面倒事を抱えるつもりがなく、むしろ管轄が移動し自分の手から離れるためには不法入国を望んですらいる状態。

わざと警備を薄くし、直接ビクターに不法入国を教唆するが、ビクターは若干迷いつつもそれを拒否し、待つことを選択する。

また、ビクターが英語を話せるようになって以降、母国に対する恐れを抱いていると宣言すれば緊急国外退去措置を取ることができると説明するが、それも拒否され、いつまでも音を上げず、頑なに法を守り続けるビクターに、ディクソンは苛立ちを募らせていく。

ディクソン周辺の警備員は若干ビクターに同情的ではあるが、原則放置で特に手を差し伸べるわけではなく、だいたいモニターの前で揃って様子を眺めていたり、彼を賭けの対象にしたりする程度である。

 

020

 

【仕事】
与えられた食事用のチケットを紛失してしまったビクターは当初、空港内カートの返却などで小銭を稼いでいたが、ディクソンは新たなポジションを作成しそれを阻止する。

後日、別件できちんとしたお金が必要になった彼は、空港内のショップで仕事を探すが、住居が空港内で身分証明書もなく、電話番号は空港内の公衆電話という状態を前に相手にしてもらえない。

しかしある時、着手前の内装工事を勝手に進行させていたところを現場責任者に発見され、その腕を買われて雇われ、結果的に高給取りになる。

【日課】
ビクターは、毎日入国審査の書類を記入しては同じカウンターに並び続けている。

 

020

 

【仲間】
ある日、ビクターに機内食サービス運搬係のエンリケが接触する。彼はビクターが毎日並んでいる入国審査のカウンター職員であるドロレスに恋をしているが、業務内容的に接触がないため、ビクターに機内食を与える代わりに彼女への質問を託す。

また、このドロレスを通じて貨物輸送担当職員のジョーや、ビクターのことをスパイだと疑って心を開かなかった清掃員のグプタとも親しくなっていく。

グプタは祖国で汚職警官に対する殺人未遂を犯した過去があり、米国を追放されると本国で収監されてしまうため、「わざと床をツルツルにして人が転ぶのを見て楽しむ」以外は基本おとなしく過ごしたいと思っており、過剰なほどビクターを警戒していた。

 

020

 

【事件】
闘病中の父親のために薬を持ち帰ろうとしていた旅行客が、アメリカの法律によりその薬を没収されそうになり、興奮して刃物を持ちだしてしまった。

その際、クラコウジア語がロシア語に似ているということでビクターが呼び出される。最初は事情をそのまま通訳したものの、法律上アメリカ国内から「人体に使う」薬を持ち出すときは書類が必要になるため、事情を聞いたディクソンはそれでも薬を没収しようとする。

絶望し、跪いて祈る男は取り押さえられ、泣きながら連行されていくのを見て機転を聞かせたビクターは、発音が似ているので間違えたとして、「父」ではなく「ヤギ」に使う薬だと改めて説明する。

ビクターの口の動きを見て、改めて「ヤギに使う薬だ」と説明した男の手元には無事薬が戻されるが、今度はディクソンが激高し、ビクターの両手の指紋をコピー機で連写しながら彼を罵倒する。しかしその様子を上司や監査官に見とがめられ出世が遅れ、より一層ビクターに対して敵意を燃やす。

その様子は清掃職員のグプタも見ており、彼の口から空港職員に広まったことで、一気にビクターは職員から親しまれるようになる。

 

020

 

【恋愛】
ビクターは空港内で生活している中で、フライトアテンダントのアメリアと知り合いになる。彼女は男を見る目がなく、現在は不倫の恋に悩まされているのだが、ビクターと話しを続けるうちに彼の愚直な素直さに惹かれていく。

ビクターも彼女に惹かれ、ディナーに誘うためにと空港内で仕事を探し始める。

彼は新しいスーツを買い、フライトから戻ってきたアメリアをディナーに誘う。不倫相手からの連絡を待ち続けるためにポケベルを手放せないアメリアだったが、ビクターとのディナー中に展望デッキから放り投げ、過去の恋を吹っ切ったかのように見えた。

ビクターは、ナポレオン好きのアメリアのためにナポレオンが妻に噴水を送ったことにならって配管を利用した噴水を作る。

しかしそれを披露する予定の日に、ディクソンはアメリアに接触。彼氏と別れてビクターに会いに来たアメリアだったが、ビクターが空港に住み着いていることを知り問い詰める。

そこでビクターははじめて自分の来歴とニューヨークにこだわる理由を話し、その話に感銘を受けたアメリアとキスを交わす。

 

020

 

【クライマックス】
アメリアとキスを交わした翌日、クラコウジアの戦争が終わったことを、すっかり友人となったエンリケ、ジョー、グプタから伝えられる。これで祖国に帰れるとはしゃぐビクターと、それを祝う空港職員たち。

そこに現れたアメリアは、彼氏のコネで1日だけ入国できる特別ビザを渡す。アメリアの元彼がなぜ自分のためにそこまでしてくれるのか、と一瞬訝しむビクターに、アメリアは「これは彼がわたしのためにやってくれたことだ」と伝え、急に態度を変え立ち去り、ビクターの見ている中で不倫相手に髪を撫でられながら姿を消す。

しかしビクターの手元には1日ビザが残された。毎日通い続けた入国審査の窓口で、こんどこそ緑のハンコを貰えると意気込むビクターだが、そのビザを有効にするためには管轄の責任者、つまりディクソンのサインが必要になる。

ディクソンはほぼ私怨でサインを拒むどころか、一番早い航空便で帰国するように促す。それでもニューヨークに向かおうとするビクターに対し、ディクソンはこのままクラコウジアへ帰らなければエンリケ、ジョー、グプタを解雇すると脅しをかける。

 

020

 

脅しの事実を知らないグプタは、最後の最後に諦めてしまったように見えるビクターを大声で罵るが、脅しの現場にいた警備員に事実を知らされ、モップを持ってボーイングに単独突撃。力技で遅延を起こし、警備員に銃を向けられながらも、ビクターに行動を促す。

ビクターがニューヨークへ向かうと知った空港内ショップの店員たちは、接客を放棄し次々に手土産などを渡しながら彼についていく。しかし扉の前にはすでに空港の警備員がそろっていた。

最初期からビクターの行動を見守っていた警備員は、彼に後ろを向くように促すが、それは諦めろという意味ではなかった。そのビクターの背中に自らのコートをかけてやると、警備員は全員手を出さず、ビクターの入国を見守った。

別室からモニターでその様子を見ていたディクソンは、逮捕しろ逮捕しろと喚き散らしながら現場へ急行するが、すでにタクシーで立ち去ろうとするビクターの背中を見て、日常業務に戻っていった。

【エンディング】
ビクターはニューヨーク市街のラマダ・インのラウンジでベニー・ゴルソンと対面し、そのまま彼の演奏を楽しむ。最終的にベニー・ゴルソンのサインを手にしたビクターは、タクシーの運転手に「家に帰るんだ」と告げるのだった。

 

 

 

 

 

『その女アレックス』 感想前のあらすじ

なんとなく気になって手にとった系の作品なので、普段このblogでは扱わない感じのミステリ作品です。淡々と書くあらすじとはいえ、そこそこえげつない作品なので、お嫌いな方は本エントリを避けてくださいね~。

 

 

見た目は美しいが、人とあまりかかわらずに現場を転々としている30歳の派遣看護師アレックスが何者かに暴力をもって拉致、監禁される。アレックスにとって犯人の男に心当たりはなかったが、その犯人は通り魔的な犯行でなく、間違いなく彼女を狙って実行にうつしていた。

アレックスは全裸で檻に入れられ、中途半端な姿勢で吊り下げられたまま何日も放置される。犯人の男は時折現れては、アレックスが衰弱していく様子を楽しんでいる。そしてアレックスは、顔の特徴から犯人がとある男の父親であることに気づく。

誘拐事件の初期捜査には、かつて誘拐された自分の妻(と妻が身ごもっていた8ヶ月の子供)を救い出せず惨殺されたカミーユ警部が参加することに。この警部は事件後、被害者の生死が判別していない犯罪捜査には関わらずにいたが、彼の上司が人出が足りないことを理由に無理やり承諾させる。

カミーユは短気で皮肉屋だが有能な人物で、かつての部下とも再会して捜査をすすめ、犯人にたどり着く。しかしその犯人は、アレックスの監禁先をあきらかにすることもなく、車で逃走し、警官の見ている前で自殺。

手がかりは男の持っていた携帯電話に収められていた写真だけだが、その写真をもとに救出に向かうと、すでにアレックスは自力で逃亡し、姿を消していた。

その後、自由を取り戻したアレックスは旅を続け、泊めてくれた家の女主人、ヒッチハイクさせてくれた運転手、ナンパが成功したと思ってホイホイふたりきりになった男らを撲り倒して硫酸を口に流し込んで殺す。

アレックス誘拐犯の息子も、彼女になったふりをして近づき、同じように殺して貯水槽の下に埋めていた。

カミーユ警部は捜査の過程でこの犯人の息子にたどり着き、硫酸を使うという特徴から過去の未解決事件もアレックスの犯行だと推測する。

一見無軌道に殺人をしていたように見えるアレックスだが、ある時点で自分の荷物をすべて破棄し、自身の兄と連絡をとったあと、ホテルの一室で薬を飲んで踊り回り棚に頭を強打して死亡する。

実はアレックスはこの兄により性的虐待を受け続けており、その加害者は兄だけでなく兄の交友関係にも及んでいた。さらには性器に硫酸を流し込まれて無残なことになっており、しかも適切な治療は施されていなかった。

これまでアレックスが殺してきた人たちは、その性的虐待に関わってきた人間たち。

カミーユ警部はアレックスの母親に連絡を取り、硫酸で溶けた性器周辺の中で尿道だけは塞がれずにいたことを、元看護師であるあなたの処置であろうと言い当てる。それは同時に、アレックスの母親は虐待の事実を知っていたが公にしなかったことへの指摘でもあった。

その後、カミーユ警部はアレックスの兄・ルイを被疑者として取り調べる。ルイは終始強気な態度を崩さなかったが、アレックスの死亡現場に彼の毛髪が落ちていたこと、アレックスが大量に摂取していた薬が入っているピルケースに彼の指紋がついていたこと、逆に室内の指紋は不自然に拭き取られていたことを指摘されると一転して喚き始めた。カミーユ警部は勾留延長を決め、わめくルイを尻目に手続きに入る。

しかし読者は、ルイが以前にアレックスのピルケースを奪い取った事実があることを早くから提示されており、その際になだめようとルイの頭に手を伸ばしたアレックスの指輪にルイの毛髪がひっかかって激高した事実を知っており、この時点で「アレックス死亡直前のTシャツを振り回したダンス」は「ルイに嫌疑をかけるための指紋の拭きとり」だと察する。

つまり、アレックスの「目的」とは、自分をレイプした関係者を自分と同じ目に合わせて全員殺害し、その後、兄に妹殺しの罪を押し付けて自分はその人生から退場することだった。

カミーユ警部がその意図に気付いているのかどうかは言及されないが、彼はラストシーンで「警察にとって重要なのは真実ではない、正義だ」という判事の言葉にことさら同意してみせるのだった。

 

 

 

 

 

A.I. 感想の前のざっくりネタバレまとめ

2001年日本公開の映画『A.I.』感想前のざっくりネタバレまとめです!!

最初から正直に申し上げておきますと、個人的にこの映画まったくあわなくて、ツッコミ入れたくてたまらないやつの書いたあらすじですので、手厳しいですというかなんというか愛はないです。また、結構前に1回見ただけのまとめなので、所々で記憶違い・読み違いが発生している可能性があります。

その点ご了承のうえお読みくださいませー。結末までの展開を書いてますので、そちらもご注意を!!

 

 

まず世界観としては、出産が許可制の近未来ということになっており、社会的には「減る人口、増えるロボット」ということで反ロボット的な思想もある模様。そんな世界で「痛み」などを感じて学習するロボットは既に完成していましたが、サイバートロニクス・マニュファクチャリング社が「愛」という概念を持つ少年型ロボットのデイヴィッド(ハーレイ・ジョエル・オスメント)を開発します。

そしてそのデイヴィッドを、不治の病を抱えて冷凍睡眠中の息子を持つスウィントン夫妻に預けます。スウィントン夫妻の夫、ヘンリー(サム・ロバーズ)はサイバートロニクス社の従業員です。

医者的には「スウィントン夫妻の息子に望みはない」という見解のようで、ヘンリーもそう思ってはいるようですが、妻のモニカ(フランシス・オーコナー)は諦めきれず、意識のない息子に絵本を読むなどしており、精神的にはかなり追い詰められているように見えます。

ヘンリーはモニカに相談なくデイヴィッドを連れてきたため、彼女には息子をあきらめる覚悟もデイヴィッドを受け入れる覚悟もないまま、一時的な気持ちでデイヴィッドへ「母親」としての定着作業を行ってしまいます。

その後、自我を持ち動き始めたデイヴィッドの扱いに困り、クローゼットに閉じ込めたり夜間外出の際にも家に放置したりするのですが、そのうちモニカも愛着らしきものを持ち始め、デイヴィッドに接するようになります。

 

020

 

しかし、スウィントン夫妻の実子であるマーティン(ジェイク・トーマス)は、奇跡的に快癒してスウィントン家に戻ってきます。この時点でモニカは完全にマーティンの母親主体になります。

それまでデイヴィッドを寝かせていたマーティンのベッドから追い出し、デイヴィッドには代わりのベッドすら与えられず、そのあたりで膝を抱えてモニカの読み聞かせを聞いて夜を過ごします。

また、実子であるマーティンはこれでもかというほど性格が悪く、食事をする機能はないが食卓に同席しているデイヴィッドを挑発したり、モニカに愛されたかったら彼女の髪の毛を切り取ってこいとなどと騙します。

そしてまたマーティン周辺の友達も結構な悪がきで、デイヴィッドがロボットであるということを知って、ならナイフで傷つけようって発想が出てくるタイプで、それを怖がったデイヴィッドがマーティンを巻き込んでプールに飛び込み、デイヴィッドの重みでマーティンが浮き上がってこられず全員がパニックになったことが大きなきっかけになって、モニカは「野良ロボットを捕まえて公開スクラップにするショーがあると知っていながら」デイヴィッドと、デイヴィッドに唯一与えた喋るクマ型ペットロボットのテディ(声:ジャック・エンジェル)を森に捨てに行きます。そして案の定、そのスクラップ・ショーに連れ込まれます。

 

020

 

デイヴィッドは、そこでセックス・ロボットのジゴロ・ジョー(ジュード・ロウ)と出会い、どうにかして抜け出します。そしてモニカにもう一度愛されるためには人間になるべきだと考え、人間になる方法を知るために「願いを叶えてくれるおとぎ話のブルー・フェアリー」を探して旅に出ることになります。

旅の途中でジゴロ・ジョーは回収されてしまいますが、デイヴィッドは無事に示されたブルー・フェアリーの所在地へたどり着きます。しかしその旅自体がサイバートロニクス・マニュファクチャリング社ならびにデイヴィッドを開発した博士により仕組まれたもので、そこにいたのはブルー・フェアリーなどではなく、大量生産された「デイヴィッド」と博士とから事実を告げられる通信があるのみでした。

そこから逃げ出したデイヴィッドは最終的に海に落ち、ブルー・フェアリーと出会いますが、それは水没した遊園地の中にあったただの像でした。しかしデイヴィッドは、その像に祈りを捧げたまま意識を手放します。

それから、人類が滅亡した遠い遠い未来に、デイヴィッドはより高度なA.I.たちに再起動されます。そして彼らに1つ願いを叶えてもらえることになり、「かつてマーティンに騙されて切り落としたモニカの頭髪」を持ってしてモニカの再生を希望します。クローンで再生された人間は1日しか生きられませんが、ベッドでうっすら目を覚ましたモニカはデイヴィットの名を呼び、ベッドでふたりは眠りにつくのでした。

……というようなお話でした。

 

020

 

ちなみに、ジゴロ・ジョーに関してはもう少しエピソードがあったのですが、本筋に関わりがないのでここではばっさりカットしてあります。また、デイヴィットを再起動させたのは人類が滅んだあとに残った高度なA.I.というのは、映画を見たあとにネットを見ていて知りました。普通に知識無しで映画を見ていると、急に地球外生命体が現れたように見えて、なんだかなにもかも放り投げて別次元の世界で話を終わらせるのか、と思ってすごく白けてしまったのを覚えています。

いや、個人的に白ける部分ってそこだけじゃないんですけど……。むしろ原作の『スーパートイズ』がどんな話なのかを知りたいですねえ。こんなんなってしまったのか、もとからこんなんなのか。

 

020

 

~追記~

コレって「難解な哲学映画」なのか……。わたしは、日本で宣伝された「母子の愛」であるかどうかは別としても、完全に「愛情」というものを描いた映画であると思って見ていたので、そういう意味ではものすごく捉え間違えている可能性が高いですネ。これは「捉え間違えている可能性がものすごく高い」でもあれば、「ものすごく捉え間違えている」でもある感じです。ハイ。