厚木基地に行って参りました(8ヶ月ぶり3回目)

今回は案内や情報などではなく、ただの日記ですん

写真は後日追加するかもん

 

 

在日米海軍厚木航空施設の開放日であるところの「NAF厚木春祭り」におじゃましてまいりました~。

去年はしず宅から厚木はそこそこ距離があるのをあまり考慮していなくて、すごく到着が遅くなってしまった反省などをふまえて今日は午後イチくらいには着けるように……出発!!

12時半頃には現地に到着したのですが、すっ……ごい並んでました……でもこれ午前中はもっと列が長かったらしいです。入場繰り上がりスタートしてましたしね。大盛況です。

 

020

 

10分くらい歩いて最後尾を発見し、20分くらい並んで入場。晴天の中写真を撮ったりしながらメインステージ周辺のお店をぐるっと眺めて、すぐにターキーの列に並びました。

が。

40分くらい並んだところで「焼くのが間に合わないので1時間半からそれ以上かかる」と言われたので、少し悩みましたが……離脱。解放されていたマクドナルドへ向かってセットを買い、運動場のベンチに座ってひなたぼっこしながら食べました。

一応日本にはない味のやつをたのんだと思うのですが……入り口で配っていたチラシを確認したらそれであってました。そこそこおいしかったしドリンクは無条件でL。ただ店員さんは日本人でかためており、数を減らした特別メニューでの対応ということで異国感はゼロでございました。おかげさまでスムーズではありました。

 

020

 

ちなみに前回の春フェスに訪れたときは地図らしきものがなく、どこまで入っていいのかがよくわからなかったうえに、あまり早くは到着できなかったのでメインステージがある芝生のところで過ごしていました。

すぐ近くのグラウンドもどう行けばいいのかわからなかったためレモネードだけ買ってじっとしていたのですが、今回は地図を発見できたので思い切って奥まで進んでみました。運動場であって球場ではないのですが、頭の中ではずっとがんばれベアーズ流れてたわ……ミスター・クソ……(よりによってそこ)。

腹ごしらえが終わってからは消防署方面へ。途中途中にもヘリとか展示してあって、そこにいる軍人さんと写真を撮ったり並べば操縦席に座らせてもらえたりします。

そして奥には各種航空機がずらーっと展示されており、それとは別に(おそらく任務で)離着陸する機体なども見られるようになっています。はーこんな風になってたんだ……!! 知らなかった!! なるほど!!

 

020

 

各チームごとにいろいろと趣向を凝らしており、キャラクターがいたりハンドパペットがあったり、ヘルメット装着で軍人さんと写真が撮れたり……といろいろありました。

最初は「ほうほう」と思っていただけで、お手洗いに移動してその後航空自衛隊のスペースに移動したのですが、やっぱり気になったので戻って、大きめの機体の中を通ってコクピットまで入れてもらえる!! というところに並びました。

で、このあたりからちょっと曇ったり風が出てきたりで寒くなってきた中、1時間強並んでいたのですが直前で終了のサイレンが鳴り、フルのサービスはおしまいに。

一応、機内の椅子に座って記念撮影と、内部のウオークスルーは体験させてもらえましたので……ほんとはコクピットすごい入ってみたかったけど……今回のフェスはこれで終了!! 「並んだけど収穫ゼロ(orほとんどゼロ)」を繰り返して終了!! トホホイ

 

020

 

まだまだ人は残っているのですが、さすがにピークは過ぎているので機体と記念写真を撮りたい方は終了前のタイミングがおすすめかもしれないです。

あと、日本的な考えだと終了後に長々残ってはいけないと思うので、すぐに引き返してゲートに向かったのですが、出店などはまだまだ販売を続けていました。

小腹も空いていたので少し確認しながら戻って、お手洗いも済ませたりして最後の最後に「ひょっとして……ターキー……!?!?」と思って戻ってみたのですが、少し列が残っていたもののおじさまが大の字で立ちふさがって列を終了させておりました。ウウン、すぐに戻ればよかったかも。

去年の盆踊りでは出ているお店が違ったように思うので、また来年の春フェスまで楽しみにしておこうと思います。

ターキータビタイ

 

020

 

なお、こちらも去年の反省をふまえ本日はスニーカーで訪問しました。駅から20分ありますし、解放していただいてるスペースだけでも広いですからね。今回はいつも以上に足を伸ばそうと思っていたので、大正解でした。

昨年の2度の訪問の際、帰宅時には足がパンパンで駅まで歩く気にならずにバスを待ったのですが、今年は歩く元気が残ってましたからね。靴って大事だなあと思いながらも、スニーカーにあわせられるような服があまりに少なすぎて、いきなりヨガでも始めそうな服装になってしまったのが心残りでした。

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr