深夜の駆け込み更新 本日開店 練馬の家系ラーメン「ど根性家」はもっとがんばれ

用事があって練馬駅周辺をうろうろしておりましたら、家系ラーメンがつぶれて家系ラーメンができていたのでおじゃましてきました。オープン当日だというからせっかくなのでね!!

と、思ったんですけど、最初からさいごまで微妙だったので後日改めて書く気力たぶんわかないなこれ、と考えて今ばっと更新してしまいます。ハイ。

 

 

dokonjyou01500円から醤油と味噌で選べる家系ラーメンが、ということなのでせっかくですからソレにしたのですが、券売機にそう書いてあったのに味を聞かれなかったのでその時点で「?」となりながら待機しておりました。

店内はカウンター席が10くらいと、4人がけが1席、2人がけが1席。そのほかのテーブルひとつがお米とかを置いてつぶしてありました。

そこそこせまいので、ラーメンが行き交うときは店員さんがちゃんとコールして注意を促してくれます。

コップとお水は卓上に置いてあります。

備品はティッシュ、わりばし、紙エプロン、荷物を入れるカゴ。

調味料はらーめんタレ、醤油、お酢、ラー油、にんにく、しょうが、豆板醤、コショウ、刻み玉ねぎ。刻み玉ねぎってちょっとめずらしいように思いますけどどうなのかしらね。

 

020

 

dokonjyou02ラーメンのトッピングは、ノリが3枚、チャーシュー1枚、うずらのタマゴ1コ、ほうれん草、生の長ネギでした。

で、実際お味のところは……って話なんですけど。

味、あんまりしないです。

いや、この言い方たいがいかなとは思うんですけどさ……。スープはしょっぱみのある醤油味で、いかにもニンニクに合いそうな味で、それだけいただくと別に悪くはないんですけど。実際にニンニク合うんですけど。

それ、全然麺に絡んでこないんですよ。

中太のストレート麺っていうのかな? そういう麺なんですけど、おかげさまで食べてる間はただアブラでコーティングされた中太ストレート麺をすすってる感じ。ほとんどスープの味が口に入ってこないので、ただ麺の味です。

量はあまり多くないですけど、それで充分ですよねこれだと……。

トッピングのほうれん草はクッタクタでタマゴはひえひえなので、このへんはもう一工夫ほしいところ。生ネギはアクセントになってよかったと思います。チャーシューは薄味で、よく煮込まれているのかほろほろ崩れて普通においしかったです。

 

020

 

正直、練馬駅周辺ってそこそこラーメン激戦区なんですよ。全国のラーメンファンの方から見たらどの程度のランクなのかはわかりませんけど、結構個性もあっておいしくてっていうラーメン屋さんがいくつもあるんです。

その中にこの「ど根性家」さんが参戦して、ファンがつくかと言われたらはなはだ疑問です。

オープン初日でテンションがあがっているのもわかりますが、別に徹底されているわけでもないヘンテココールや妙な節回しをした接客なんかも、「サークルじゃないんだから……」とけっこうマイナスな印象。

また、冒頭にも書いた味が選べるはずなのに尋ねられなかったことや、次回無料券が配られる客と配られない客がいたこととかを見ていると、サービスレベルにもバラつきがあるのかしらと。荷物のカゴも店員さんが気付いたら渡してもらえる形だったのだけれど、今後ちゃんと気付けるのかな? とちょっと心配になりました。

このあたり、自分の勘違いや思い違いの可能性もあるのでなんとも言えませんが(例えば味が選べるラーメンは別のものなのかもだとか、500円以上のラーメンを食べた人にだけ無料券を配っていたのかもとか諸々)、その確認のためだとしてももう行く気はないなー。

このほか、チャーハンが少しお安めのお値段で、それで目を引くようになっているのですけれど、それ以外に関してはそこそこ普通のラーメンと同じ値段がしました。

オツマミやギョウザなどもあるので、お仕事帰りなんかによるぶんにはいいのかな? とは思いますが、これならもうちょっと足して他のところで食べるか、松乃家でカツ丼食べるな!!

個人的には再来はないな、という感想でございました。

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr