ガリタ食堂の「ご飯にめっちゃ合うんですけど弁当」食べた時のログが出てきたよ

と、いうわけで、言葉遣いを直して投稿しちゃいますヨーってな感じのしずこ ( @cigarillolover ) です!!

ちなみにテレビ見ない人なので、めちゃイケが好きとかなんとかそういうのはまったくなく、これがどういう企画で発売されたのかというような経緯は存じませんし興味も特にありませぬ。

 

 

これ、自分で撮った写真があると思ったのですけれども、どう探しても見つからないので、あきらめて文章のみでお送りしますネ。ビジュアル的には完全にオードブルのお皿で、大きな丸いパッケージでした。

当初は「エエー誰が買うのよこんなん……」と白眼視していたのですけれど、品目を見るとお酒の肴になりそうなものが多いので、夕飯ごろに半分くらいおつまみにして、夜食として本当にごはんにあうもので白米を消費すればいいかなあ……的な感じで購入。

大きさとしてはコンビニの特大袋にギリッギリで入るサイズでした。それでも店員さんによってはうまく入れられずに悪戦苦闘するレベルのようで、わたしが購入した際にはふたりがかりでアレコレやっておられました。これ、袋に入れるのがある種のミッションになっているので、お箸のつけ忘れとか多かったんじゃないかしら、って余計なことが気になる。

あとは、このお弁当に限っては「あたためますか」と聞かれませんでした。大きさ的に、レンジに入らないのでムリなんですね。このあたりは最初から諦めていたのか、パッケージには「電子レンジ不可」と書いてありました。

 

020

 

1.ごはん
2.カルボナーラスパゲティ
3.ナポリタンスパゲティ
4.カレーうどん
5.ポテトフライ(ケチャップソースがけ)
6.唐揚げ(マヨソースがけ)
7.炙りチャーシュー(粒マスタードソースがけ)
8.そばめし
9.揚げ餃子

上記のメニューの中でまあまあよいかな? と思ったのはカルボナーラと、チャーシューマスタードでした。その他は普通、もしくは味が濃い、しょっぱい!! という!! うわあ姉の勤め先の社員寮のおばちゃんの作る食事がこんな味だったわァ~って、普段は忘れていた記憶まで呼び覚まされましたよ!!

お酒を飲みながら各種スパゲティ、ポテトフライ、そばめし、揚げ餃子、カレーうどんを食べたところで、お腹いっぱい……というより「塩分もういいかなー」って気分になって、一旦終了しました。

カレーうどんがしょっぱいのは少しわかるんですけど、ナポリタンがこんなにしょっぱい意味があるのかなーとか、そばめしもめっちゃくちゃ味濃いしうわああ、とか思いながら食べましたね。

あと、全体的にナポリタンには薄切りウインナーがそっと乗っているだけですし、カルボナーラにはそっとベーコンが添えてあるだけで、麺類にはほとんど具がありませんでしたね。

 

020

 

まあ、一言で言えば「完全にネタでした。」っていうところなんですが、いろいろと8種類も入っていて888円、というのはお安かったんじゃないでしょうかねえ。888円でこれだけおつまみが集められるかって言ったら、チェーン店でも無理でしょうし。

とはいえネーミングに難ありで、このお弁当「ご飯にめっちゃ合うんですけど弁当」とか言いますけど普通に考えてパスタをおかずにしてご飯は食わねえよな!? っていう……。そばめしなんて半分メシなのにそばめしをおかずに白めしを食うとかってどこの両さんなの……? (※こち亀で、ラーメンとチャーハンを頼むと高くつくのでラーメンと半チャーハンと
ライスにしてチャーハンとライスを混ぜて食べるとか言う話がありました※)

この8種類を「ご飯に合う」って言われると「悪食だなあ」って、ちょっとした嫌悪感を覚えてしまうんですよね。ごはんも含めて5種類が炭水化物。主食。ポテトフライなんかはただの付け合せだと思うと、ごはんに合わせるおかずとしては3種類じゃないですか。

むしろ「主食にもツマミにもなっちゃうんですけど弁当」ですよねえ……。

 

020

 

なので、この炭水化物が大半を占めているのにご飯に合うとしてリリースしたりですとか、この量を一人前的に扱っていることですとか、「普通の食育を受けてきた人」からすると違和感がある商品でしたので、おいしかったかどうか、お得だったかどうか……というのは置いといて、なんというか若干の不快感があるお弁当でした。

個人的には「ふたりでも食べられるんです弁当」みたいな、感覚として当たり前の方向でネーミングすればよかったのになーと。結局、2回に分けて完食しましたけれど、販売期間中1回しか買いませんでしたネ。

なんというか、不思議な感じの企画ものでございましたとさ。どっとはらい。

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr