家事がちょっぴり好きになる マリーゴールドキッチングローブちゃん

いや別に家事がきらいなわけじゃないんですけど、自分の中でかなり優先順位が低いのでスイッチが入らないと熱心にはなれないんですよね……。

 

 

さてさて、冬は水が冷たい!! とか、お湯だと手あれする!! とかいろんな理由があってついつい距離を置いてしまう水回りなのですが、そうも言っていられないのでなにか良さそうなものはないかな~とつらつら検索などしてみまして、なかなか評判がよかったこの「マリーゴールド(Marigold) キッチングローブ」を使ってみました。

なにこれ……すごい……!!

まず、裏地がコットンなので手を入れた時の冷たい感じがなく、使い続けていても普通のゴム手袋のように中側同士がくっついてしまうようなこともありません。やった。

つまり、お湯を使って手袋の中で汗をかいてもムレてしまうことがなく、スムーズに着脱ができます。やった。

そして、無駄な厚みがなく指先に間隔が残るために、たとえば乾燥してこびりついた汚れなどの洗い残しにちゃんと気がつけます。やった。

さらにいうと、手の内側にはハニカム構造の滑り止めがついているため、お皿を取り落としてしまうようなことがありません!! やった!!

この滑り止め、非常に細かいものなので、指先の感覚を阻害するようなことはありません。

 

020

 

ちなみに、難しいことはよくわからないのですが、構造的に袖部分が捲り上がってこないようになっているようです。これは普通のゴム手袋だとめくれてきちゃうってことなのかな? おかげさまで、袖の方から水が入ってきてなんのためにゴム手袋してるんだかわからん!! というようなはめに陥ることはありません。

あとは、これ今日気付いたんですけど……この滑り止めのハニカム構造のおかげで、鍋なんかにこびりついた汚れがすごく落としやすいんです!!

これは、自分が使っている鍋などがIH対応のセラミックなのでそもそもひどいこびりつきが起きない、ということでもあるのですが、煮詰めていてついてしまったような汚れも、少し水につけておいてこの手袋をしてこすれば、するする~っと落ちてくれます。

そのまま擦り落とさなければならないパターンに比べると、作業時間の短縮にもなり、スポンジも傷めなくて済み、洗剤の使用量も少なくて済むというね……。この効能はまったく考えていませんでしたが、大切なことだと思います。

 

020

 

サイズはSとMがありまして、価格は650円~700円。輸入品ですがロフトやハンズのようなお店だと確実にお取り扱いがあります。色は用途によって分かれているのみで、残念ながら選べません。

海外商品のS……ということでかなり大きいのも覚悟していたのですが、自分のたいがい驚かれる系小ささの手でも不自由なく使えています。逆にいうと手の大きい方や男性にはきゅうくつかも。Lサイズってないんですかしらね。輸入されていないのか、作られていないのか……。

そして、敏感肌用のその名の通り「マリーゴールド(Marigold) キッチングローブ センシティブスキン」というアイテムもあります。

こちらは、普通の「マリーゴールド(Marigold) キッチングローブ」で利用されている天然ゴムが一切使われておらず、すべて合成ゴムになっていますので、ラテックスアレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

 

020

 

ゴム手袋は安ければ100円以内で買えちゃいますけど、いやいやこの快適さは600円、700円を出す価値はあると思いますよ!! もうほんとおすすめです!!

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr