楽天レビューとAmazonレビュー レビュー集めへの違和感:楽天

こんばんは。楽天やAmazonでは比較的レビューを参考にする方、しずこ ( @cigarillolover ) です!!

しかし楽天もAmazonも、レビューシステムにそこそこ問題があるんだよなあ……っていうのに気づいてどよんど、となっている方でもあります、しずこ ( @cigarillolover ) です!!

落ち込んでる感じもつたわってくるのに、なんかかわいらしさもある擬音として使ってます、どよんど。みんなも使っていいよ。

 

 

楽天のレビューにはレビュアー番付というのがあります。

楽天が制定しているいろんな条件を満たすとランクアップすることができるようになっています。この番付が上がることによってなにが得られるのかはよくわかりませんし、そこが本題ではないので調べる気もありません。すみません。とか言いつつ調べてみたら、特にいいことがあるわけでもないようです。

最初のうちは「プロフィール公開にして2件レビュー」ですとか、「公開非公開に関わらず3件レビュー」なんていうかわいいものなのですが、これが進んでくると、月に○件の数がすごいことになってくる他に、「参考になったボタンがX回押される」「ファンがX人つく」「ページビューX件以上」などという、「え、これ、請負の仕事だったっけ?」というような厳しさが出てくるんですね。

しかも満たせないと番付落ちします。落す必要あるのか。

 

020

 

これの何が問題かというと、番付を守るために、レビュアー同士が連携をとって「参考になった」ボタンを押しあったりしているんですよね。実際に。押しあう仲間を探して公言しているblogなんかもあったりします。

結局、組織票状態になったりして、参考ボタンの意味がなくなっているような側面も。

とはいえ、月々のノルマを果たせるレビュアーさんの文章ですから、実際に参考になる部分が多々あるため、「意味が無い」と断定はいたしませんけどもね。

また、月々のノルマにカウントされるレビューは、あくまで自分の購入履歴の中から書いたものだけなので、買ってもいないウソレビューが増えることはないにしろ、同じ人がリピート買いをした同じ商品に同じようなレビューをしていたりして、水増しされてしまっているというような事実もあります。

レビューのために商品を買うってわけにはいかないでしょうけれども、それにしたって同じ商品にコピペみたいな感想が書いてあって、それで「あ、この商品レビュー数が多い」と誤誘導されてしまうような、そういう状態になりつつあるわけなんですよ。

 

020

 

楽天さんとしては、買ったものしかレビューできないんだから買えばいいじゃない! レビューするアイテムがないならブリオッシュを食べればいいじゃない! みたいな感じなのかもしれませんが。

レビューを参考にしていいものを探そうとする庶民にはブリオッシュどころか、ショコラもなくてこれが精一杯なんですオスカル様……!! って感じでですね、そういえば新しいベルばらのコミックスまだ読んでないわ!! ってなるんですよね。

写真や動画の投稿数も条件の中に入ってくるので、ほとんど無意味な写真がアップされていたりとかね。商品について知りたいのに、雑音が多くなって、結局レビューを見る意味があるのかなー……と思うときが、そこそこあります。

 

020

 

あともうひとつ。楽天でよくある、「レビューを書いて送料無料!」ですけれども、これをやっている商品は「まだ届いていないけれど☆5つです」とか、「届いたら再評価します」と言ってそのままのものが多く、友好なレビューを探したいときにはノイズでしかないんですよね。

評判がいいから利用者・購入者が多くてレビューが集まる……というのではなく、評判がいいから利用者・購入者が多いように見せたいのでなんとかしてレビューを集める……っていうのが、営業努力だとは思いますけれどもちょっとなあ。気になる時もあります。

 

020

 

まあ、あくまでレビューって言うのは個人の意見ですし、役に立つものがあるのも立たないものがあるのも、文章力に難がある人もそうでない人もたくさんいて、というのはわかっているんですけれど、商品を選ぶ前にまずどのレビューを参考にするのかから選ばなきゃいけないっていうのが、そこそこめんどくさいなあって思います。

個人的には、「役に立たないレビューがたくさんある」という事実を運営さんが認識してくださったうえで、「この人のレビューは非表示」とか、フィルタリングさせてほしいなーって思います!! それだけで!! すごくはかどるのに!!! むずかしいかしら!!!

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr