メタルギアの話をするときにライジングについてほとんど触れないワケ、とは①

タイトルまんまの内容でございます。この本文中で単に「メタルギア」と言ったら、特に注意書きのない場合「ソリッドシリーズ」のことだと思ってくださるとしずこ ( @cigarillolover ) が楽ちんです!!

 

 

まず、プレイしてすぐに感じるのが「自由度の低さ」と「それに伴うフィールドの味気無さ」なんです。

メタルギアはおおざっぱに言っても「隠れる」「無力化する」「殺す」の選択ができたわけですが、ライジングは「殺す」一択。一応、ザコ敵を避けて行動することはできますが、シナリオ中に強制エンカウントバトルが多発するので、あまりスニーキングプレイをする必要性が感じられないんですよ。

また、隠れる・やり過ごすなどの行動に意味をもたせられないため、フィールドの違いがプレイにまったく影響せず、ただ上がったり下がったりするだけでエキサイトバイクの障害物と状態なんですよね。

雷電がサイボーグ忍者だということで、スネークとは違って飛んだり跳ねたりという動作が可能ではありますが、それができたところで強制エンカウントで一本道に戻されるので、爽快かと言われると別にそんなこともなく。

エンカウントした敵は倒さないとしょうがないですから、ここでもプレイスタイルどうこうが関係ないですしね。

 

020

 

そういったエンカウントなどを超えて進んでいくと、シナリオ進行用の無線などが入ってくるわけですが、これがそこそこジャマです。

メタルギアシリーズは、画面が変わってすることといえば敵の配置の確認からなので、そのタイミングで無線が入っても「邪魔された」という感じはないんですよ。そもそもあんまり駆け抜けたりしませんしね。

でもこっちのサイボーグ忍者は違うわけじゃないですか。すごい速さで走ったり飛んだりはねたりするわけじゃないですか。そんな感じに、ゲームの操作性や求めているところは違うのに、単純に同じ手段を使っている。それがもう間違ってるように感じます。

そして無線の間じゅう、耳に手を当てててくてく歩いてるのも相当に間抜け。間を持たせるためなんだなという開発側の都合がすけて見えてしまうし、緊張感の欠片もありません。無線なら無線、移動なら移動でいいじゃないかと思うんですけど。あれを問題ないと思ってしまうようなセンスが、全体的に漂っているんですよね。

受付ロボットの声を難易度ごとに変えるとか、こだわるところはそこじゃないでしょ、と。メタルギアシリーズの遊び心が受け入れられるのは、それ以外の完成度がすごいからですよ。全体的な完成度が低いところに遊び心を入れたところで、それって全然おもしろくないんですよ。

 

020

 

また、ウリであったはずの刀アクションに爽快感がないのも致命的です。刀でずんばらりと一刀両断してサクサク進んでいくとかができないんですよ。この世界の中だとサイボーグ傭兵は雷電だけではないので、敵もサイボーグですから、硬いんです。だから、刀で切って捨てるというより、木刀でボカボカ殴ってるような印象になってしまう。

刀って、癇癪を起した子供みたいにぶんぶん振り回すものではないですよね。ライジングのカタナアクションは、「カタナアクション」として格好良くないし、「アクション」としても格好良くないんです。

そして、エネルギーを使って繰り出す大技は、無駄な演出が入って一切カットできないので、格好いいと思うのはせいぜいファースとプレイの、それも前半までです。デモなら結構ですが、プレイのあいだじゅうずっと見せられるというのは普通に苦痛です。アクションは地味でも受け入れられるっていうのはメタルギアシリーズが証明してきたことでしょうに、なぜこちらの方面に行ってしまったのか……。

 

020

 

大技を使った時、相手からエネルギーを奪うとき、それぞれスローモーション演出が入るのでそれも爽快感を引き下げているように思えます。「刀でバッサリ切った!」っていう爽快感はムービーの中にしかありません。こんな、刀ぶんぶん振り回してボコボコ殴るなら最初から装備武器は木刀でいいじゃない。

そしてそして、エネルギー的な発想を取り入れたがゆえに、敵を倒す時にエネルギーを奪うアクションを付加する必要がでてきます。それを「斬脱」というのですが、「斬脱」を「しなければならない」感じが強いです。そのエネルギーを使って、特殊な視界に切り替える「オーグメントモード」というものがあるのですが、これがなぜかちょくちょく切り替わってしまって面倒くさいというか……面倒くさいだけならいいんですが、「意図せぬ操作」になってしまってまたここで爽快感がそがれます。

 

020

 

無意味な殺戮、無意味な残酷演出、無意味な移動。演出でたびたび操作を奪われる。敵をチマチマけずっていく鉛筆削りプレイの爽快感のなさ。なんていうかメタルギアじゃないとかスニーキングがないとか以前に「ゲームとしてつまらない」んですよね。

もちろん……もちろんってのもヘンかもしれませんが、メタルギアシリーズが好きだから故に点が辛くなる要素っていうのはいっぱいありますよ。でもそういうのを除いて考えても、そもそもつまらないんです。

これが、「公式が出してるからこれもメタルギアだよ」って言い切りたくない、勝手なファン心理でございます。これを発売日にほとんど定価で買ったのだからこれくらい言わせてほしいわい……。思ったより長文になってしまったのでワケますねェ。

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr