東京コロニーさんの水戻し非常食「いそべ餅」を食べてみました(旧版)

数年前に慌てて買ったまま保存しておいた非常食がそろそろ期限切れになりそうなので、試しに開封して食べてみましたしずこ ( @cigarillolover ) です!!

 

 

Image_CLD_1111_363モノは東京コロニーさんの水戻しいそべ餅になります。

が、現在これで検索してみても同じパッケージの商品がヒットしないので、商品がリニューアルされているっぽいですね。お味にも変更があるかもしれませんので、ご参考程度にご覧ください。

入っているのはこれですべてで、右からノリ2袋、醤油味の粉、パッケージ兼水戻し用のトレー、お餅10枚(写真では2枚ずつ重なっています)です。左は外装。乾燥剤と短めの割り箸1膳も封入物です。

 

020

 

Image_CLD_1111_364こんな感じにお水を入れて、数分待ちます。

間抜けなことにお水の量がどれくらいで何分待つのだったかをまったく控えていなかったというね……!! 小さい方の計量カップで余裕で足りる量であったことと、5分からその程度の待ち時間であったように漠然と記憶しています。

で、このまま待機。

乾燥状態でのお餅は、乾燥させているがゆえなのか、それとも表面になにかまぶしているのか、そこそこ粉が落ちてくるような感じでしたね。これが水で戻るとどんなふうになるのでしょうか……。

 

020

 

Image_CLD_1111_365さて時間経過後。

味付けのお醤油は粉末になっていて、それを振りかけます。これ、贅沢を言っているかもしれませんが、2食ぶんとして2袋に分けて欲しいですね。2食続けてこれを食べるかどうかもわからないのでその間の保管が……というのもありますし、分けあって食べるときにもちょっぴり困るかなあと。

結構こういう粉ものってどれだけ入っているかが把握しづらくて、半分くらい使ったつもりでも少ししか出していなかったり逆にあんまり残っていなかったりもしてしまうのですがわたしだけでしょうか?

あと、一応期間内に開封したのですけれども、のりは完全にしけってしまっていました……。外装をさらにジップロックかなにかで覆っておかなきゃだめだったのかな……。アルミの袋に入ったノリが、乾燥剤入りのアルミの外袋に密封されていてここまでしけってしまうとしたらちょっと対処がわからないですね……。

 

020

 

Image_CLD_1111_366水で戻したあとはこんな感じのやわらかさになります。

ノリはうまく巻きつけられなかったので、写真はここで終了です。さていざ食べてみての感想ですが……。

ウウン……。

あまりの微妙さに言葉を失ってしまいました……。

極限状態にそんなことを言っていられないのはわかります。これも立派な食料ですし、この商品や類似品を召し上がって命を繋いだ方やほっと一息をつかれた方もいらっしゃるでしょう。そういう状況下のあれこれを否定するような気持ちはまったくありません。

でも、正直近年の技術力でもコレなのかと思ったら、結構びっくりしてしまったんです。

おしょうゆが2袋欲しいと言ったのもこの微妙さがひとつの理由です。せめてもうちょっと味がつけられれば、まだ食べられると思うのですが……。

水戻しだから当然冷たいものを、しけったノリで掴んで、そこにはほんのりとした醤油味しかない……っていうのはつらいものがあるなあと。食感はあれですね、煮たあとのお餅のようなズルリとした感触です。「煮たお餅と同じような食感のものが冷たい」という状況で、余計に微妙だと思ってしまったかもしれません。

 

020

 

有事の際にはもちろん「おいしい、おいしくない」なんてことは言っていられませんし、どんなものでもありがたいということは理解しています。それでも、今回の実食ではそこそこ強いショックを受けました。

あまり本気で備蓄などをしてこなかったので、これは慌てて「ただそこにあった在庫」から買ったものだったのですが、もう少し情報収集をしてみようかな、と思っています。

ものがものだけに、ご気分を害された方がいらしたら申し訳ありません。平時の際の感想ということで、なにとぞご容赦ください。

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr