ネットで話題の「チンするどん兵衛」と「10分どん兵衛」を試してみました!!

ネットで話題になったことはそこそこ試したい感じのしずこ ( @cigarillolover ) です!! 今のところ携帯をレンチンとか110とかにはひっかからずに生き延びてます!!

 

 

と、いうわけで「チンするどん兵衛」と「10分どん兵衛」を、比較的近い日のウチに両方試してみました。年末がもうカウントダウン状態でカップ……いやこれうどんだ……年越しそば的にカップそばが安くなってるんだなあって納得して、安くなったカップうどん買ってたわ……意味わかんねえ……。

とにかく普段行ってるスーパーでどん兵衛がちょっと安くなってたので!! 両方試しましたという話!! 写真はとくにないです♥

そして、軍配は圧倒的に「チンするどん兵衛」にあがりました。以下感想!! そしてこの年の瀬に他にすることないの? 仕事あがりでひまなの? って思われそうですけどウチまだ仕事あがりじゃないんですよハハハ今の時期がイチバンタイヘン!!

 

020

 

①「チンするどん兵衛」

熱湯を注いでレンジで3分チンするんですが、ちょっと注意点があります。

まず「粉末スープは入れずに、熱湯+麺+おあげだけをチンする」っていうのと、「フタは外してラップをかける」こと、そしてレンジの時間は「5分ではなく3分(500w)」なことです。

また、元のプラカップのままレンジにかけると、熱でプラカップがゆがみますので、できれば最初から丼に麺とあげを移して準備したほうが良いかと思いますね。カップに書いてありますが、お湯の目安量は410mlです!!

わたしは一度プラカップにお湯を注いで計量してから丼に移しましたけど、これヘタしたら麺がドボンってなってお湯はねてギャアだな、って思いながらおそるおそる作業しました。

そして実食。まず見るからに麺がツヤツヤしています。なんというか、カップうどんの乾燥麺ってスカスカしていて、舌触りが悪いじゃないですか。密度が薄いっていうかなんていうか……。一応麺としてあの太さにはこしらえてあるけど、実際はスカスカして空気が入ってるというかそんな印象なんですけど……。

レンチンしたものは、同じ麺だというのにその密度がギュっとつまっていて、舌触りもよくプルプルで、ほんと生麺に近い……!! おいしい……!!

難点があるとすれば、「麺がおいしいぶん、今まであまり不満を持ったことがなかったスープの味が雑に思えてくる」ってことですかね。わたしカップうどんの中ではどん兵衛が好きで、そんなに不満を感じたことがなかったんですけど、今回食べていて「うーんこの麺をこのスープで食べなきゃいけないのかあ……」って思っちゃいましたから。

でも、「こんなに違うんだ!!」っていう発見はすごく面白かったです。なんならめんつゆとかで融通してもよかったのかもしれませんね。

 

020

 

②「10分どん兵衛」

ふつうに10分放置したどん兵衛でしたおわり

……って感じでした。いや、お湯で戻す時間を倍にしたというのにでろでろにもならずに普通にいただけた、っていうのはすごいとは思うんですけど、でも特においしくなったとかどうしたこうしたっていう印象は……ないですね……。

しいて言えば、その麺のスカスカ具合が5分のときよりはマシかな……っていう程度で……。

まあこれ、前の生麺風味の感触を覚えているタイミングで試してしまったからこの感想なのかもしれません。順番逆だったらまた違ったかな? とは思います。

 

020

 

というわけで、冒頭で触れたとおり「チンするどん兵衛」に軍配があがりました!! 誰も勝敗求めてないけど!!

ちなみにスーパーで「あ、どん兵衛安くなってるからちょうどいいやネットで見たあれ試そう」ってひょいひょい2個買ってきたわけですが、レジを通して家まで歩いている途中に「あれ……緑ってあげじゃないんじゃない……? 緑っててんぷらのほうなんじゃない……?」って思って路上で買い物袋を掘り返してしまったのはここだけの秘密です。緑があげだった。大丈夫だった!!

あと、「チンするどん兵衛」はカレーうどんでぜひ試してみたいですね!! また近いうちに!!

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr