快活CLUBの女性エリアを利用してきました!!

12月の侵攻をどう食い止めるか検討していたらもう12月になっていたでござる。しずこ ( @cigarillolover ) です。

 

 

自宅では作業に集中できる環境が整っておらず、ちょっと目先の気分を変えたいのもあって、マンガ喫茶ではなくインターネットカフェを探していたのは以前お話していたとおりなのですが、最近はどこもおしゃれな感じになってきていますね~。

そして、いろいろ比較検討した後に「それじゃあここ!」と思ってお店に向かったら、身分証明者忘れてすごすご家に帰った話する? したほうがいい!?

 

と、いうわけで、お店にとってはなんの覚えもないリベンジということで、2回目の訪問で中に入ることができました。しったこっちゃないよね!! ごめんね!! アッもちろんこんなリベンジの話を店員さんにしたりはしていません安心して!!

お伺いしたのは「快活CLUB 池袋東口駅前店」サマ。この名前どうにかなんないのかなまあいいや。

 

020

 

会員アプリがあるので、それに事前入力をしておけば店頭でいろいろ記入する手間が省けます。アプリ上では仮の会員コードとQRコードまで作成されますので、あとは店頭でそのQRコードを読んでもらい本人確認書類を提示するだけです。

フロアは4~6階、受け付けは5階、ドリンクバーなどは5階のみ設置。トイレは5階の女性フロア内に女子トイレ、4階に男子トイレがあって6階にはないようです。初回はコピーの見取り図をもらえます。

Image_CLD_1111_376最初に「オフィスソフトかゲームか」と、フルフラットかリクライニングかを聞かれて、部屋番号と伝票をもらったあとはご自由に……。

ちなみに公式サイトには「それぞれ異なる3種類のデザインのお席より、その日の気分に合ったお席をお選びいただけます。」って書いてあるんですが、そのあたりは一切聞かれなかったので、どんな部屋がいい、とかは選べませんでした。ひょっとしたら、言ってみたら開いている部屋があれば融通していただけるのかもしれません。

個人的には「エレガンス」か「スイート」の白っぽい部屋がよかったのですが、通されたのがバリ風の「ナチュラル」で、壁がダークブラウンの個室だったので、部屋を見た瞬間に「狭ッ!! 暗ッ!!」と思って結構萎えてしまいました……。

あと、これも公式サイトの画像にはフルフラットの部屋には座椅子が写っていたのですが、こちらの部屋にはなかったので、よっかかることができずにそれもかなりのマイナス点。壁面のプリントに見える柄も、シールなのでちょいちょいめくれていたりはがれていたりで「う~ん」といったところ。

防犯上そのようになっているのはわかるのですが、中から女性フロアの扉を開けるときはボタンを押す必要があるのと、外から入るときはICカードによるタッチが必要です。このタッチをしてから扉が開けられるまでの時間がすごく短い。「ピー」で開錠して、マンガとお茶を持って入ろうとしたらもう鍵がかかってます。どうしろと。

一応、キーのそばに棚がおいてあって、開錠の際に手荷物が置けるようになってはいます。マンガを持ち歩くための籠もおいてくれていますので、なんとかこの早さでも入れますが……。ううむ。

 

020

 

Image_CLD_1111_377個室には蛍光灯がついているのですが、最初気付けなくて困りました。これは蛍光灯に気づいていないときの写真なのでかなり暗いです。ちなみに無料貸し出しのところにデスクライトのコーナーがあったのですが、何度か見てみたけど一度もそれっぽいものはありませんでした。貸し出し中だったのか、もともとなかったのかは不明です。

座椅子はありませんでしたが、ハートのような尻のような栗のような低反発系の小さいクッションがありました。しかしこれ、正座のときにつかうクッションみたいに補助的にしか使えないという。ううむ。やはり座椅子はほしいところです。

写真に写っているように、ティッシュ、鏡、金庫、ひざ掛けは最初から設置されています。ただこのひざ掛けちょっと清潔そうな感じがなくて使いたくなかったので、わたしは受付にあるほうのひざ掛けを借りました。

ロジクールのウオッシャブルキーボード、k301はかなり打鍵音がするものの使いやすくて、これちょっと購入してしまいそうな勢い。マウスは中国製のピンクの小さいマウスでいずれも有線です。リストレスト付きのマウスパッドもありました。基本ピンク色で揃っているのがテンションあがります。

付属のヘッドホンはあたりがやわらかくて軽く、ずっとつけていても不快感がありません。いいなこれ。店頭で販売してほしい。

PCのUSB端子は前面についていて4口。電源は壁に2個なので結構充分な感じですね。ただPCの画面は明るすぎるな~っていうのと、文字がにじんでけっこう目が疲れそうでした。あと本体のホコリがものすごく目に着くので、これは部屋清掃の時になんとかすべきじゃないのかなと思います。

 

020

 

いいなと思ったのが、フルフラットシートの切込みがあって、靴をぬいで上がることを考慮されている点です。これ、チェーンによっては、ただシートがひいてあるだけなので靴が完全に部屋の中から見られない感じで外に脱ぐか、それか不衛生でもシートの上に持ち込むかしかない場合があるのでさりげなくポイントが高いですね。

残念なのは、中からかけられる簡単な鍵すらないこと。いくら金庫があるとはいえ、仮眠を取ろうとしたときとかに困ります。

あと、BLコーナーがあるという触れ込みなのですが、ごく少量がささやかに置いてあるだけでした。というか、そもそも、コミック類少なすぎますので、ここをまんが喫茶的に使おうとするのは相当ムリがあるように思います。ほんとに「暇つぶしや空き時間に、有名作や最新作をかじりたい」くらいの使い方になるでしょうね。もう少し期待していたのでそこも結構がっかりしました。

店頭では、爪切りやヘアゴム、耳かき、リップなどの衛生用品からお菓子、さらに付箋や3色ボールペンなどのちょっとした文房具までを200円前後で購入することができます。支払いは、その場で会計もできますが、部屋付け(部屋番号に紐付けして最後のお会計のときに一緒に払うこと)もできますので、財布を持たずに部屋番号がわかるものを持ち出すだけで大丈夫です。女性専用フロア利用の場合は、入室に必要なICカードが部屋番号の伝票ばさみについているので、イコールそれで大丈夫ということです。

 

020

 

飲み物はお茶類のティーパックがいっぱい。複数種類を選べるコーヒーサーバ1台、ジュースサーバは2台。炭酸水や普通の水という、ノンカロリーなものもあるのがいいですね。ドリンクバーは押したら出続けるタイプ、コーヒーサーバーはボタンの外側を少し強めに幼いと反応しない感じでした。ダイエットコーラもありました。

ただコップが紙コップなのがちょっとなあっていうのと、あとストローがないのも気になりました。

アイスクリームが食べ放題なのですが、これも紙コップで受けることになるので、気をつけないと結構山盛りです。お味のほうは……ウン……バニラの味って言うよりアブラっぽい味がする、お安いアイスの味です。

 

020

 

この「快活CLUB」さんは自動的にプランが変更されていくタイプなので、利用している時には便利なのですが、そのぶん退店が読みづらいところがあるからか、満席になったときにはそのままお断りのようでした。わたしはこの日朝から入っていて、土曜日でしたが14時にはもうお断りしていたかな……。気軽に待ち合わせの時間つぶしに使ってね!! というわりには、入店しづらいのでは……?

あと、本棚と本棚の間隔が狭すぎて、すれ違うのが厳しい感じもありました。

と、いろいろ並べ立てては見ましたが、このエントリを書くまでは「それでも作業スペースの広さは嬉しいし、また行けたら行こう!!」と思っていたんですね。でも、間違ったことを書かないように……と思って公式サイトを見たり、そこから女性専用フロアの写真を見たりしていたら、「あまりにも現物と写真が違いすぎるじゃないか……」と思ってガッカリしてきてしまったので、次はいきなりこちらをリピートするのではなく、他のお店の女性専用フロアも利用してみてから考えようと思います。

今まで、たいして分煙もされていないような、昔ながらのまんが喫茶を利用していた身としては、充分にきれいだしうれしいところなんですけどね。写真がよすぎます!!

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr