嗚呼憧れのレッドロブスタア

誕生日にかこつけて贅沢中です!! しずこ ( @cigarillolover ) です!!

いやあ……長いことあこがれていて、あこがれのままだったレッドロブスター……。思い切って行くことにしました。ちなみにこの文章自体は、いま店内で打ってます。平日だしかなり空いているので、席は自由に選ばせていただいてソファがふっかふかですおどろいたわ。

 

 

レッドロブスターは、わたしが子供の頃に日本に上陸して、インザムードをBGMにライブロブスターをばっきばっき割って湯気がホカアホカア出るCMを精力的に打っていたんですよ。

でも結構お高いので一般層になじまなかったのか、当時に比べるとかなり店舗数は減らして現在に至るのではないかと思います。ちゃんとしらべてないけどごめん。

 

020

 

……で、同時にレッドロブスターというよりロブスターの話なんだけど、レッドロブスターが上陸するよりさらに子供の頃友達のおうちにお泊まりに行ったとき、そこのお家がロブスターをそのまんま出してくれたんですよ。丸で。ホワイトソースの上に鎮座するロブスター。

でもねえ、自分それ、食べれなかったんです。どうやって食べたらいいかもわからないし、テレビの中ですらそのころ見たことがなかったかもしれない豪華なお料理がこんなお泊まりくらいで出てくるとも思ってなかった……どころか「ロブスター」っていう概念がこのころまだなくって、お泊まりしたおうちのおばさんが何度進めてくれても首を振るしかできなかったのね。未知のものすぎて。

江戸時代の人の前にエッグンシングスのパンケーキ出した、みたいな感じだと思う。

 

020

 

で、それはそれとして数年後にレッドロブスターが上陸して、それで食べてみたいって親に言ってみたときに、よりによってこの話題を出して断られたのね。「あんた*子ちゃんちのお泊まりで出してもらってもたべれなかったじゃない」って。

いや、家族で食べに行くにしても高いしさ、なんとかしてあきらめさせたいのはわかりますよ、でもね、よりによってそれを理由にするか……って思ったらね、なんかいろいろ、あのときロブスター言う物が未知すぎたことか、せっかくもてなしていただいたのにビビってしまったこととか、そのびびってしまったのが恥ずかしいって気持ちとか、そういうのがないまぜになって、ちょっとすごく……くやしい気持ちになったの。

もちろんこんなことをずっと腹に抱えて生きてきたわけじゃないんだけど、何度も触れては大きすぎるんでもっとちゃんとさせたいとかごまかしていることにきちんと向き合うメソッド……に向かい合ったときに、レッドロブスターに行きたい!! っていうことを思い出して、ついでのようにこの周辺の事情も思い出して、「ああ、じゃあ、自分のお金でいけばいいじゃないか」って改めて思ったのが数年前。

 

020

 

何度かそれっぽい機会がなかったわけじゃないんだけど、それでもなぜだか……先送りにしてしまっていたので、「誕生日+鎌倉+徒歩で行けそうなレッドロブスター」の条件がそろったこの機会に、やっとやっと向かったのでした。そふぁふっかふかやでえ……!!

いやあおいしかった(はあと) おいしすぎた(はあと)

クウーってなりながら食べたけど!! しかしわたしの中の当時のわたしはいうのだ!! 「まるごとじゃないの?」と……!!

 

020

 

いやあ子供は正直だネ!! というわけで、そのうちライブロブスターをムシャアアアしたいと思います!! すぐじゃなくて、計画的に!! あとそのころまでにはこの話をやさしい瞳で頭をなでながら聞いてくれる彼ぴっぴがほしいです!! いません!! すきっぱらにシャルドネ(白)がきいてますしずこです!!

あんまりワインのおいしさわからないほうなので、おとなしくジンジャーエールでものめばよかったとは思いつつ、やわらかい椅子、普段聞かない優しいハワイアンミュージック、落ち着いた照明の店内、そして誕生日サービスのケーキを前にほろよいで機嫌のいいしずこなのでした。

酔いが醒めてもこのままアップしますよ!! あと、何度もはぐらかしてる「メソッド」 についても、ちゃんと記事にして出していきたいな、と思いましたとさ!!

 

(追記:彼ぴっぴってお前、って案の定冷静になったらとても突っ込みたい、帰宅後この文章をアップロードする準備中のワタクシ)

レッドロブスターそのものの感想はまた後日!! 多分 bill’s の感想が先にあがります!!

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr