グランブルーファンタジーで覚えておくと楽な用語集

ゲーム用語がわかんないから攻略読んでても混乱しかしない(アガッ)!! という時期がありましたしずこ ( @cigarillolover ) です。バフバフ言ってんじゃねえ布団でも干してんのか!!

と、いうわけで、グラブル初心者+ネットゲーム初心者さんが知っておくと情報収集する際に楽になりそうな、初歩的な単語のみ解説しておきます。

 

 

 

一般的な用語

バフ、デバフ バフが強化、デバフが弱体のこと。攻略情報などでしれっと出てきて、慣れるまでは若干混乱するので、覚えてしまうのがよいと思います。

例:このボスは強力なデバフを多用してくる = このボスは強力な弱体化を多用してくる

例:このボスはバフに反応して特殊攻撃をしてくる = このボスはプレイヤー側が強化を行うとそれに反応して通常ルーチンとは違う攻撃をしてくる

例:デバフが済むまで待ってください = 弱体を一通り発動させるまで攻撃をしないでください

例:この敵は50%切るまでバフが通らない = 敵の体力が50%を切るまで(半分以下になるまで)弱体化が効かない

 

ゲーム内用語

星晶獣 シナリオ上のいろいろな謎は置いといて、要は一般的な用語でいうと「召喚獣」です。一般的なRPGで、白魔導師が呼ぶやつ的なポジション。

宝晶石 条件クリアで貰えるゲーム内アイテムで、施設拡充やアイテム交換に使用したり、ガチャを引いたりできます。ゲーム内通貨というよりは、課金で入手するグラブルコインに近い存在で、ほぼ代わりに使えます。

ルピ ゲーム内通貨です。無課金ガチャを引くときや、キャラクターの上限解放に使います。

上限解放 たとえば最大レベルが100のSSR武器でも、入手直後にはレベル40までしか育てることができず、その時点でレベルMAXという扱いになります。その後上限解放1回でレベル60、2回でレベル80、3回でレベル100まで育てることができるようになります。

武器と星晶獣は同じものが2個以上ある場合に上限解放ができ、ルピはかかりません。キャラは逆に同じキャラを複数入手することはできず、トレジャーとルピを利用して上限解放します。

武器と星晶獣に関しては、カジノやイベント報酬で上限解放ができるアイテムを入手できますが、各レアリティごとにアイテムが異なるため、SSR武器用の上限解放はなかなか困難になります。

 

略語、俗語

汁、半汁、粉、汁粉 AP回復のエリクシール=汁、エリクシールハーフ=半汁、BP回復のソウルパウダー=粉、ソウルシードが種、両方合わせて汁粉。

スタダ プレイ開始から1週間だけ引けるスタートダッシュガチャのこと。

サプチケ 数ヶ月に1度実地されるサプライズガチャで入手した交換チケットのこと。

スタートダッシュガチャとサプライズガチャでは、任意のキャラクター、武器、星晶獣をセレクトできるチケットが入手できるため、特に話題に上がりやすくなっています。

凸 上限解放の段階を指す。0凸、無凸などは入手したそのままの状態のこと。だいたいは3凸を目指すことになります。ゲーム画面で上限解放の度合いは☆で表現されるため、同じように0☆などと表現されることもあるようですが凸のほうがよく見ます。

 

育成用語

レベル グラブル内でレベルというと、ジョブ、キャラクター、武器、星晶獣のレベルのこと。ジョブは戦闘で得られるEXP、キャラクターは通常の戦闘で得られるEXP、もしくは武器による強化でレベルアップをする。武器、星晶獣はそれぞれ武器、星晶獣で強化することでのみレベルアップをします。ややこしそうですがすぐに慣れます。

ランク 総AP、BPなどに影響するプレイヤーレベルのこと。通常の戦闘で得られる「ランクポイント」でランクアップします。表記は「Rank」ですね。

ZP ゼニスポイントと呼ばれる、能力強化ポイントのこと。ジョブレベルが上限になったあとにEXPを得るとZPゲージにチャージされ、満タンまでチャージされると1ZPという扱いになり、各種強化に利用できるようになります。

※これ、溜めている間も溜まったものも「ZP」呼びなので言葉で説明しようとすると若干わかりづらいんですが、実際に画面を見るとそうでもないと思います。

JP 新ジョブを開放するのに使うジョブポイントのこと。ランクアップや、イベント報酬で入手できます。案外溜まりにくいので、むやみにジョブを開放するとちょっとだけ困るかもしれません。

 

バトル中用語

HPゲージ、モードゲージ、チャージターン 敵に存在する3つのゲージ。このあたりの解説は長くなるので、後日画像付きで説明します。

通常モード、オーバードライブモード、ブレイクモード モードゲージが存在する敵の、それぞれの状態を指します。どのモードであるかにより、敵の行動が異なるため、自然とプレイヤーの行動にも変化が必要になります。これも後日別枠で紹介します。

特殊行動 ボスなどの強い敵が、HPの減りなどにあわせて通常のルーチンとは異なった行動をすること。これを覚えていないと不用意に強い攻撃をくらってしまいがちです……。

くるりん 敵からドロップした宝箱が、落下の際に1回転する演出のこと。この演出があった場合、レアなアイテムが入手出来ています。

奥義 戦闘中、キャラクターごとについているゲージが100%になると次のターンで発動できるようになる強攻撃。1ターン内に2人以上が奥義を出すと「チェインした=繋がった」という扱いになり、このチェイン数が多いほど追加攻撃が強力になるため、4チェインが理想です。

 

マルチバトル用語

団内に流す、団内処理 マルチバトルでの救援要請を騎空団のみにとどめ、全体には流さないようにして倒すこと。発生させるのが難しいマルチバトルなどを「みんな(全体)」に流すとすぐに上限まで人が集まり、ひとりひとりのうまみがなくなってしまう場合や、イベントの貢献度をうまく稼ぐためなど理由はいろいろ。

個人的には、騎空団から流れてきたマルチバトルは自分がさらなる救援を出すことはしないようにしています。このあたりは各騎空団によって、さらには同じ騎空団であってもイベントによって異なることがありますので、不安に思った場合は確認をしてください。

自発 自分が発生させたマルチバトルのこと。

 

共闘

主貼り ルームを開設した人がAPを負担してクエストを発生させること。参加者が順番に貼っていき、負担を均等にすることは順貼りという。

 

020

 

以上、だいたいこのあたりがわかっていれば先に情報収集をしてもある程度読み込んでいけるのではないかと思います。ただ、先に知識を入れようとしてもいまいち頭に入らないとは思いますので、実際にプレイしてみてわからないことがあったらその都度確認する方法もおすすめですよ!!

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr