龍が如く 0 コラボキャンペーンでリンガーハットさんのちょい辛ちゃんぽん食べてました

ちょうど龍が如く0発売直後に新宿をうろうろしまくるタイミングがあったので、ここぞとばかりにゲーム内と同じ場所にあるリンガーハットで龍が如くちゃんぽん[ちょい辛]をいただきました。

 

 

正直龍が如くのコラボレーションって、好きで追うにしても全部は件数が多すぎるな~と維新のあたりから思っていたので、今回はまったくどこがなにをしているか気にしていなかったんですね。

なので、歌舞伎町周辺を歩いていて看板を見つけて、「oh」と思ったという方が近いです。

ちなみに、ここのリンガーハット、立地と外観はゲーム内のまんまなんですが、店内の様子は異なります。

 

020

 

入り口の看板には「激辛」とあったので迷ったのですが、ダメもとでもいってみようかと入店。テーブルにあったメニューには[ちょい辛]が載っていたので、あっさりとそっちに鞍替えしました。

 

激辛に入っている「花椒(ホアジャオ)オイルを絡めた肉みそ」もちょっと気になりましたが、説明文に「しびれる辛さ」とあったのでそこは断念。

ココナッツミルクで味を調えたトムヤムクン風スープとのことで、ベトナム料理みたいな味わいですね。重たい辛さではなく、すっぱいような刺激が伴う軽妙な辛さ。付属の絞りレモンを足すともっとさわやかになります。

頂点にトッピングされている水菜がスッキリ感を後押ししていたり、普段のちゃんぽんのトッピングと同じ野菜に入っているコーンの甘みが時折アクセントになったりと、最後までおいしくいただけました。あとえびね!! えび!! 生えびみたいなぷりぷりさで、その分味は沁みこんでいないのですが、かなりメインをはってくれました。

 

おなかがすいていたのもあってぎょうざセットにしたんですが……ぎょうざは……ウン……ぎょうざはイマイチでした。なくてもよかった。

これ、スモールがあるよりラージがあってもよかったんでは……。量的にはちょっと物足りなかったかな。

なお、店内すべてのテーブルに「龍が如くちゃんぽん」のメニューが置いてあったのですが、このメニューに「ゲーム世界にリンガーハットの店舗があって、そこで主人公が料理を食べると体力が回復する」という基本設定について触れられているのが親切だなと思いました。

そりゃもちろん、「リンガーハットはよく行くけど龍が如くは知らない」っていう人だってたくさんいらっしゃいますもんね。そこで「こういうコラボレーションですよ」という前提から書き添えてあるのはとてもよいことだと思います。

 

龍が如くちゃんぽん【販売終了いたしました】

あと、リンガーハットさん公式の中に跡地がちゃんと残っていてくださるのが嬉しいですねえ。こういう情報って後から追いかけたくても消されてしまっていたりして、ちょいちょい困ることがありますので、こういうのも個人的にはとてもありがたいです。

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr