2009年6月13日 天元突破グレンラガン シネマサンシャイントークショー

2009年6月13日に行われたグレンラガンオールナイトイベントのトークショーレポートだよ! ネタバレ超含まれてるよ! 見たくない人は注意が必要だ!

 

 

池袋にあるシネマサンシャインで、『劇場版グレンラガン』の『紅蓮篇』『螺厳篇』を一気に上映するというイベントでした。その『紅蓮篇』『螺厳篇』の間に、ガイナックス宣伝担当者の真鍋義朗さん、今石洋之監督、大塚雅彦副監督、そしてシリーズ構成の中島かずきさん、ゲストの樋口真嗣監督が登壇し、自由気ままにグレンラガンについて語っていただく場となりました。

基本的に中島かずきさんという性質上、その場のノリでポン! と冗談半分で「おもしろさ優先」の発言をなさるので、「原則、形にのこらないその場限りの面白い話題」という程度でお読みになるのがよろしいかと思います。

 

020

 

『紅蓮篇』の上映が終わり休憩時間を取った後、まずガイナックス宣伝担当者の真鍋義朗さんが登壇。この時点ですでに観客はハイになっていて、巻き起こる真鍋コール。その後、真鍋さんによる紹介とともに、今石洋之監督、大塚雅彦副監督、シリーズ構成の中島かずきさん、ゲストの樋口真嗣監督が登壇。

ちなみに開始直後に場内へ確認をとったところ、この時点で『螺厳篇』をご覧になっていない観客の方も多数見受けられたため、「あまり突っ込んだ話ができないね」という判断から「じゃあ、ネタバレの時は手を上げますから耳をふさいでください」という対応に。ちなみにグレンラガンは毎回収録後飲み会を行っていたのは有名な話かと思われますが、その際あまりにも中島さんが吹くので「ネタか提案かわからないから提案なら挙手して」と言われていたそうです。

さて、順番通りではないし、言葉も正確ではないんですが、以下トークショーのオイシイところだけ抽出しておこうと思います。

・おかげさまで紅蓮篇より評判がいいです。ありがとうございます。(中島さん)

・螺厳篇の第一稿は、キタンの「バチョーン!」という叫びから始まっていたんですが、面白すぎるので却下しました。(今石監督)

・次に出るリボルテックはアーテンボロー。リボルテックアーテンボローです。アーテンボローいいな大好きです。アーテンボローを出すだけでオチになる。(中島さん)

・アーテンボローだけ中ワリが多いです。ああいうのは頼まなくてもアニメーターがよろこんで描くんですよ。ちゃんと描かなくていいから。(今石監督)

・「なぜブータは大きくならないんですか?」大きくなってますよ。気付かないのは周りの人間が成長しているからです。四部のシモンは20mです。(中島さん)

・「エンキドゥルガーのドゥルガーはインドの女神からですか?」そうです。よくわかりましたね。最初はエンキドゥイットユアセルフにしていたんですけれどダメだったのでドゥルガーにしました。でも吉成(※メカニックデザインの吉成曜さん)から上がって来た時はエンキドゥドゥドゥドゥドゥ……って書いてあった。(中島さん)

・でも檜山(※ヴィラル役の檜山修之さん)なら絶対格好よく言ってくれるよね、エンキドゥドゥドゥドゥ……/絶対格好よく言ってくれますね(中島さん&今石監督)

・もし天元突破ロシウがあったとしたら、絶対アゴデコだよね。/アゴデコですね。/鼻毛すごいことになるんだよ、もうあの鼻毛を緑の炎に……(中島さん&今石監督)

・こんな感じで喋っているので、飲み会の時に設定なら手を上げろと言われたわけですね(中島さん)←人ごと?!?

・「一番ガンメンの扱いがうまいのは誰ですか?」やはり螺旋族を率いて戦ったロージェノムが一番でしょう。(中島さん)

・よく考えたら天元突破ロージェノムじゃない。なんで字出さなかったの? /忘れてた。(今石監督&中島さん)

・「ヴィラルの右目はどうなっているんですか?」右目はフジテレビに行っています。右目はないです。次のフィギュアはヴィラルなんですけれど、設定として作っていないので、メーカーさんに聞かれても困る。○○が(失念……)こだわってたんだよね。一度鬼太郎のフィギュア見てみようかなあ。/あれ、出来のいいのは鬼太郎の右目に入るんですよ。/そうなの! じゃあロージェノム入れとけばいいか。(中島さん&今石監督)

・でも今回光ってましたよね? /何かの反射でしょう。(真鍋さん→中島さん)

・「涙の種、笑顔の花ができてから影響された部分があると聞きましたが」ニアは植物生命体なので、植物で世界征服を企んでいました。シモンのセリフは曲ができてからですね。(中島さん)

・あれです、結構生死が変わったキャラが多いので……そういうのを描きたしているのが、結構楽しかったですね。(今石監督)

・なにもないところで口パクしてるガンメンとかいますよね。/いや、あれは中に口を動かすレバーがあって、バカヤロウって言う時はこう……(手をギアチェンジみたいに動かす)(真鍋さん→中島さん)

・今、全国の映画館を見て回ってるんですけれど、こう何度も見てると映画よりお客さんの反応の方が楽しいですね。/なに、お客さんチェックしてるの? ノーモア映画泥棒? /グレンラガンのファンにそんな人はいません! (大塚副監督&中島さん)

・でもこれもう映画じゃないよね。映画じゃないんだけど、なんか癖になってもう一度見てしまう、そういう意味では成功だよね。/成功ですね。(中島さん&今石監督)

・映画館で大塚副監督を見てもいじめないでください。(中島さん)

・舞台ならともかく、そこにあるのはただのフィルムなのに、フィルムに向かって拍手してくれる。こんなに嬉しいことはないですね。(大塚副監督)

・池田さん(※螺旋王ロージェノム役の池田成志さん)の声は普段もう少し高いんです。あのヘンなロージェノム……あ、ここ手をあげるところですね、あのヘンになっちゃったロージェノムの時の声、あれくらいが普段の池田さんの声です。(中島さん)

・○○(失念。たしかガンメン)のフィギュアよかったですよねえ。なんでこれ作画の時になかったんだろうと思った。(中島さん)

・「コミックス続きますよね!」僕に言われても。(中島さん)

・「エンディングの時に出てくるアイコンにはそれぞれどんな意味があるんですか?」あれは、各キャラクターをモチーフにしたアイコンです。でも小さいし早すぎてわかり辛くなってしまいました。/アーテンボローは何?/アーテンボローはたしか目の形か……鼻かな、あの鼻の形にしましたね。/みなさん、DVDで確認してください。出たら確認してください。出ます。多分出ます。(大塚副監督&中島さん)

・皆さんこれから映画見るんですよね。頑張ってください。我々は年なので、寝ます。(中島さん)

・(見てえものは見てえんだ!! について)あれはねえ、モザイクがダメだったんだよね。/え、モザイクが? だって普通の番組で普通に使われてますよね、モザイク。/それがね、アニメのほうがそういうの厳しいんだよね。モザイクがダメだったんだよ。(真鍋さん&中島さん)

・モザイクもセルにすればよかったんじゃない?/ああ、一個一個描いて! これはモザイクじゃありませんよと。/たまに色指定間違ったりしてね。/ヘンな色になる。(たしか樋口さん&中島さん、もしくは今石監督&中島さん)

 

020

 

以上、一時間のトークショーはだいたいこんなノリで行われました。退出する皆さんを拍手とありがとうの声でお見送りしたのですが、このあとの『螺厳篇』は寝ていらっしゃる方もちらほらと……。

ちなみに『螺厳篇』終了後の解散時刻は始発前であったため、近くに座っていた女の子と朝ご飯を食べに行ったのですが、そこで「入場特典の配布フィルム、『紅蓮篇』ではカミナとヨーコで、『螺厳篇』では黒ニアだったんだけど、人物入ってるところしか配ってないのかな」と不用意に言ったらその子が「わたし……ガンメンの足……!!」って愕然としていたので、本当に悪いことしたなと思っています。

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr