RE:CYBORGの視聴直後、ざっくり感想 ★☆☆☆☆


このエントリは視聴直後に身内向けに書き散らかした文章を再構築しています。
いつもよりちょっと乱暴な感想になっておりますのでご注意ください。
(初出:2012年 mixiにて)


うーんと。まあ、まず前提として、わたしは2012年に攻殻シリーズを一気にコンプしたのもあって、神山監督の「攻殻テイスト」に関して一度に大量摂取した自覚はあります。

ですが、それでもあんまりにもなんかなあ。攻殻だなあ。って思ってしまったのと、攻殻風味よりアレもコレもタチが悪いなあ……と思ったこと、なんかを語っておこうと思います。

 

 

キャラに関しては、ブリテンとピュンマの扱いの悪さといい、ギルモア博士人としてどうなのって感じといい(自分がゼロゼロナンバーズだとしても、あのギルモアの元では働きたくない)、お前は本当にジェットなのかという性格の改変といい、フランソワーズのお色気といい、なんだか「あーあ……」っていう感じが強いんですよ。「あーあ、こんなにしちゃったか……」って。

特にジェットとフランソワーズですねえ。

ジェットなんかあれ、完璧に別人ですよね。もともとリーダー気質でもなかったですし、思考的に誰かとぶつかるわけでもなかったですし。ううむ……。

フランソワの無駄なお色気も、おっぱいがいけないとか言う話ではないけれど、元の清純な感じが嫌いじゃなかったので、なんかあんなにムンムンにしないでほしかったなあとか……。せめて下着の色は黒じゃないとよかったなあとか……。

いやいいんですよ黒い下着。それそのものは嫌いじゃないですよ。でもなんかフランソワーズには似合わないなあと思ったの、というか、少年誌ベースの石ノ森女性キャラで黒いレーシィな下着が似合いそうなキャラってちょっとすぐにはピンとこないけど。

まあ、キャラに対する思い入れって言うのは人によって違いますから、「いいじゃんお色気フランソワ」とかその他ご意見があるのは充分わかっています。ただ個人的には、リメイクだからといってキャラクターを大幅に改編してしまうのが好きではなくて……。

 

020

 

イワンは玉川さんの演技も相俟って、かなりよかったです。メインに据えられたキャラの中では唯一の良心!! もうゼロゼロナンバーズはイワンが仕切ればいいと思う。あとはジェロニモの、フィジカルな強さがよくよく前面に出ていたのはかっこよかったです。

でも、個人的には、カラオケのバックで流れるあの場面みたいな、ここはジェロニモじゃなきゃ! ジェロニモ来たああ!! っていうようなシーンとまではいかなかったのが、ちょっともったいないという感じはしました。ほとんど唯一の見せ場ですからそれくらい……!!

……ここ、敵の名前とかがわからないのでなんとも描写しづらいのですが、002と009が岩みたいな大きな敵に踏みつぶされそうになったところにジェロニモが助けに入るシーンがあるんですけれど、敵を破壊したとか投げ飛ばしたとかじゃなくて、普通に体で敵の体重を受け止めて立っているあの感じが、9人にそれぞれ別の能力が備わっているってこういうことだよなあ……!! ってすごく熱くなってしまって大好きなんです。脱線した。

ハインリヒは無難にまとまっているなあ、という感じで可もなく不可もなく。という印象だったのですが、見終わった後はじわじわ気に入ってきました。なんだあの渋さ。それに膝からミサイル出すデザイン残しておいてくれてよかったです!! あれ描写次第ではあまりシリアスにならないかなあと思っていたのですが、とても格好良かった。

そして、張々湖が「アル」喋りに戻ってくれたのも嬉しかったかなあ。わたしとしてはこの「役割語としてのアルヨことば」は差別的だと思っていないので、キャラクター付けとして原作の方に戻っていったのは普通に歓迎です。あ、でも同時に平ゼロの張々湖に対する配慮はとてもよいとも思っていますし、張々湖役である茶風林さんの対応にも頭が下がります。

原作や昭和版アニメでは関西弁的な言葉遣いで語尾に「〜アルヨ」「ヨロシ」などをつける当時の中国人描写にありがちな口調(アルヨことば)だったが、平成版アニメでは同じく関西弁を思わせるものの妙な訛りのある独特な口調に変更されている。従来の差別的とも取られがちな口調を改める際に、張々湖役の声優茶風林は中国語を学び、独自のイントネーションを掴むのに役立てたという。

Wikipedia – サイボーグ009の登場人物より

 

020

 

映像としては、3Dで見ておいてまあ正解だったかなと。綺麗ではありました。ただ、キャラの動きがぬるぬる動いて、MMDを見ているような感覚も……。ジョーとフランソワは特に、モデリングしたものがそのまま動いてるみたいで特に違和感がありました。

加速装置の表現とか、ジェットの飛行形態とかは、いいかどうかはまたおいておいて、表現として面白くはありました。

しかし繰り返しですが、攻殻見てることによる既視感はやはりぬぐえません。フランソワーズの素子落ち、という表現をネットで見たときには「やっぱ思うよね」としか……。個人的には「セーフハウス」という単語を使われた時点でうーん、と思いました。別にセーフハウスは攻殻用語というわけではないですが、攻殻で比較的使われている用語なので、ここで使わなくても、と。

そういう既視感は意識的に避けてもいいくらいなんじゃないのかなあと思ったのですが、どうなのでしょうね。

 

020

 

ストーリーとしては、「その他対ゼロゼロナンバーズ」にはできなかったのかな? というのが強い不満です。だってあのジェット、はっきりいって違う人じゃないですか。なら違う人を導入しちゃいけない理由があったんですか? 現実だか脳内だかわからない幼女とかJKとか無意味に(と言わせていただく)出しておいて、対立するのは違う人っぽいジェット……。

ゼロゼロナンバーズ内で揉め事があるとか、ジョーがリーダーに選ばれて気に入らないから抜けちゃったジェットとか、うーん。そういうのが見たいわけじゃない!! ジェットが、アメリカが正義だと思っているのはまったく構わないんですけど、それなら「彼ら対アメリカ」っていう構図にして「自分の信じてきた正義・アメリカ」が揺らぐジェットとか……そういう描写でもよかったんじゃないかしらって……。

そして結局、彼の声ってなんだったんですかー。天使の化石とかもなんだったんですかー。

あれだけ引っ張っておいてさらっと「フランソワなりの解釈」が述べられただけで終わりなんて、ざっくり言ってしまえば「フランソワとジョーによるセカイ系映画」と言われても仕方なくないですか? 元々の作品だってきちんと終わっていないと言ってしまえばそうなんですが……。

彼の声は神の声? 神の声を聞いて人類をよくしようと思ったらそれは自爆テロをするっていうことなんですか? それはなんてテロリストの危険思想なんです? 007は諜報部員にやられたのはわかったとしてもピュンマはなぜ消えてしまったんですか? なぜジョーは高校生活を繰り返していたのでしょう? あのJKと幼女は?

この「?」の中には作中で説明されているものもありそうですが、なんかもう頭に残らなくて……。

 

020

 

だいたい理解できて、さらにインタビューやその他で「おおーこんな裏が!」「こんな思いが!」っていうのならわかるんですが。観ていてここまでわからなかったものに対して、なんかそこまでしたくないなあと。というかそこまでしないと理解できないものってどうなのと。

二人組で来ていた男性の「風呂敷ひろげすぎて畳めてない」という感想が一番しっくり。

これは本作に限らずいつも(ゲームとかでも)思っていることなんですが、次回作があると思ってやり残しをしているとしたらそれも好きではないし、次回作がないならないでその一本で納めて欲しい。そして今作が次回作予定とかそういうものがなくてこの内容なんだとしたら、どうにかしてるとすら思います。

今回は「スケールが大きい」とかいうより……。うん……。力を注ぐ部分を間違っているように思えました。

話の展開に興味を持たせるために、「不透明な的・用語・現象」をひっぱるのはもちろん手法としてありなんだけれど、それ(彼の声)をたたせようとしたぶん、その他の諸々がハンパになってしまっているかと。

ひっぱったならひっぱったに対する答えはやっぱり用意してほしいなあ。

 

020

 

結構、後半に行くにしたがって009は難しい話になるというか、わけのわからんものになっている部分があるのはわかっているのですが、そこにばっかりフォーカスされたような印象。もうちょっとわかりやすい作品だとよかったなあ、普通に娯楽映画として見たかったなあ……。

あと、他の方のレビューを読んでいて共感した点としてはやはり「9人そろって防護服着るシーンが欲しかった。」という点につきますね。

 

020

 

本当はもっと純粋に楽しみたいとは思っているし、自分の理解力が足りてないだろうというのもわかってるのですが……。でもやはり、どうしてこうなったし、と思ってしまうのはもう仕方ないです。ネット上での反応は見事に二分されている印象がありますが、わたしは「009としてもどうかと思うし娯楽映画としてもどうかと思う」という感じなので、世の中がバンザイ一色ではないことにちょっとほっとしています。

かといって「ハアあれ面白かったって? バカジャナイノ」とは思いませんし。何を求めてどこを見たかでも印象が変わる、そういう意味では懐が広いとも言えるのかもしれません。

まあ、見た結果の感想はどうあれ、大画面で見た方が楽しい映画であることは確かです。でも自分はこの内容だったら新作で借りて差額で高いラーメン食べた方がよかった。

 

020

 

ノベライズ版と、コミックス版が出ているのですね。見た後は全然情報を追わなかったので知りませんでした。ノベライズ版ではいろいろ心理描写なども追加され、映画を補完するものにはなっているそうですが、うんまあ……いっかな別に……。

あと、ここではリンクをはりませんが、RE:CYBORG版のフランソワのおっぱいマウスパッドがあったのにはなんか……ドン引きしました。別になんというか、セイノショウヒンカガーとかジェンダーノナントカカントカガーとかじゃなくて……だってお前……フランソワーズだよ……もっと大事にしたいとおもわないの……? って……。

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr