釣りじゃない!! 正直すぎる映画トレイラー『Honest Trailers』が面白すぎて、初夏

『Honest Trailers』とは、「映画のトレイラー(予告編)はウソばっかり!!」だから、「正直すぎるトレイラーをつくっちゃおう!!」という Screen Junkie! さんのパロディ創作物です。

基本的に全編英語ですし、ほとんどの場合を除いて字幕があるわけでもないので、もちろん全部がわかるわけではないというかほとんどわからないのですがね。あるシーンでは必ず字幕(英字幕)が入ってくれるシーンがありまして。

それがすごいつぼったうえに、とある単語……スラングがわかっているとちょっと、思わず腹を抱えてわらってしまうようなあれがあったので、つい。

清純な方はここで回れ右していただいたほうがいいんじゃないかな!! あとディズニーは神聖だ!! という方もごめんなさい、ここで止まってください……!! ところで今すっごくサーティワンの(バスキンロビンズって呼ぶ方が好きだけど)アイス食べたいです。ワオ!! 冷凍庫にあずきバーならあるなあ……。

 

 

まあ不謹慎系というか、茶化し系・ツッコミ系のアレなんですけれども、なんというかクオリティがすごく高いんですよね。あと身も蓋もない感じ。どれくらい身も蓋もないかというと、シンデレラの王子プリンス・チャーミングのことを「プリンセス・フットフェティッシュ(足フェチ王子)」って紹介するくらい。みかんふいた。

 

 

父ライオンが死んだことが信じられずうろたえるシンバのシーンにナレーションで「ハクナ・マタタ?」とか、もうみかんふく。

あの、シンバを抱え上げてるところの「ナーンヘンナーディビディッドゥワワ~」みたいなあの曲に合わせて「俺ここなにいってるかわかんね~わ~」みたいな替え歌ついてるのもほんとみかんふく。さらに「彼は我々の捕食者で~す」みたいな歌詞まで。

 

020

 

そう、字幕が入る”あるシーン”とは、ディズニーのトレーラーに挿入される「替え歌」部分なんですが……!!

たとえばシンデレラの『夢はひそかに』。

「夢でしあわせをつかみなさい、美しい夢は願いをかなえてくれるでしょう……」みたいなきれいな歌詞のあの曲をとっつかまえて「ほとんどの夢はかなわないでしょう、でも、わたしは例外、わたしはきれいにやせていて、かわいい、そしてかわいい」みたいな歌詞をぶっこむのもすごいし、またそれが原曲に対してピッタリおさまっていてですね!! そのうえ、どこからそういう人を連れてくるのか、いちいち元の役者さんの声やニュアンスに相当そっくりなんですよ!!

 

 

どうしてこう!! むだに!! クオリティを!! たもつ!?!?

 

020

 

ここからさきはしもねただヨオ

 

ここである単語を知っておいてほしいんですが。

「pork」

豚ですね。豚肉。ここでは違います。というか、スラングとしては別の意味を持ちます。

「pork」には、「have sex」と同じ意味があるんです。残念ながらどうして「pork」が「have sex」という意味に転じたのかまではわたくし存じませんが、ハイ。この Screen Junkie! さんは「have sex」には「pork」を使う、ということを念頭に置いてこちらをご覧いただくとまあ、みかんふくと思います。ライオンキング2回貼ってごめん。

 

 

 

 

リトル・マーメイドの「アンダー・ザー・シー」の替え歌、「イッツ・ソー・キャッチー」も結構みかんふく。

 

020

 

別に「pork」ネタがそんなに多いわけじゃないというかこの自分の見た中ではこの2件くらいなんですが、もうそれが思いっきりツボに入ってしまったのでそちらのご紹介でした。なにを紹介してるんだろうと思わなくもないけど。

ちなみに BANG / BEAT / BONE / BONK / DO / GET ON / HIT / HOMERUN / HOOK UP / HUMP / JODER / MASH / NAIL / PIPE / ROGER / SHAG / SMASH / SMUSH / TAP 、あたりも全部だいたい「have sex」です。一部「have sex with」ですけど。

 

020

 

わたしは基本的に、あんまり揶揄するようなネタとか反応は好きじゃないんですけれど、それでもこれを紹介したのは、このクオリティは好きじゃなきゃできないよなあって思うからです。いろいろ突っ込むにしても、ほんとよく隅々まで見てる。そりゃひょっとしたらネタ探しに重箱の隅をつついたりもしてるかもしれませんが、でも冷静に全体を見てる。見てるからこそ、ツッコミもキレるんだなあと思います。

ほんの1カット、1センテンスおかしいことに気付いてそこをさらしあげてるんじゃなくて、作品として全体を賞味したあとで、愛を持ってツッコミを入れてる。だからこそ共感するコメントも多いわけで、これはもっと理解したいなあ~ほかのも見てみようかな~なんて思い始めています。あんまり聞き取れないけど。

 

 

『Frozen』のことを「レリゴーのミュージックビデオ」と紹介するこちらでもそういえば「Pork」ネタがありましたわ。あと最後の「凍った心を溶かすのはしばらく水につけとけばいいんじゃないかな、ターキーならそれでよかったけど」っていうアレが笑いました。

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr