龍が如く最新作発売記念!! 4までクリア後の妄想が出てきたので若干加筆修正して載せてみる ~真島吾朗に夢見すぎ編~


何作かプレイしていると、桐生ちゃんがあまりにも身勝手なことにしみじみ失望しそうになります。

というかね!! あれだけね!! 背中のモノを隠さずに、周囲の極道とも手を切らずに、「俺は堅気だ堅気だ」って言い続けるのもうホンットムリがあると思う、ていうかムリしかないと思うんですよ。

そしてね!! あの話の中でね!! 自分の立ち位置もスタイルもほとんどぶらさずにヤクザもんでいてくれてるのって、真島の兄さんだけなんですよ!!

落ち着けよって? わたしが一番そう思ってるわ!! 深呼吸するわ!! ネタバレあります!!

 

 

 

東城会弱体化しすぎ!!

なんというかシナリオの都合上なのはわかっているんですけれど、どうにもこうにも東城会が弱体化しすぎなんですよね。

身内の抗争あり、暗殺あり……でトップの方がバンバンシナリオ的に殺されてしまうし、新キャラ出てきたと思ったらだいたい裏切り要員だし。

その中で、あんまりにも真島組がまっとうに組織として成長しすぎていて、もう東城会再興のカギはホント真島組が担ってるんじゃないかと思うと息が苦しい。だって東城会 < 真島組ですもの勢いが。極道としての器的なものも大吾 < 吾朗じゃありませんか。

けど、じゃあ東城会のトップに真島の兄さんが収まればいいかというと、そうまで簡単なことでもない。というこのバランス。

真島吾朗という人間のキャラクター性を考慮しなければ、真島組のシノギを持ったまま真島の兄さんが東城会会長になって、東城会の基盤が整ってちょうどいいはずなんだけど、6代目が若すぎるからそこでの政権交代はさせられない。6代目襲名前ならよかったけど、今やると大吾の極道としての未来を潰すことになるし。

けどその襲名してる6代目こそが、圧倒的なカリスマ不足だし、国家権力に負けて身内を売ってしまうような状態。

 

020

 

内紛でボロボロになっているのに、それをまとめるためのアタマがいない。下から盛り立てようとしても、それだけの地力のある組がそうそうない(作中で描かれていないだけの可能性は当然ありますが)。

東城会、結構八方ふさがりなんだけど、じゃあどうするのってなったときに、「桐生一馬なにしてんの」って思ってしまう……んですよね。2の開始時点で寺田がまさかジングォン派とかそういうのは知らなかったとしても、1のラストで1日組長ってアイドルかよ! そういうことやって組ひっかきまわしておいて、自分は沖縄で子育てかよめでてーな! って思っちゃうわけですよ。

 

桐生さん勝手すぎ!!

んまあ、あの時点で桐生さんが戻ったところで、不在だった10年間、そして戻ってきてからの数年間の、内部の細かいことまでわかってるわけじゃないですけれど。

でも祭りの提灯にはなれましたでしょうよ? それか近くではっきり大吾のバックアップをしていりゃ、そもそも大吾へのアタリが和らぐでしょうよ? だというのに東城会のことを放っておいて、沖縄でアイスクリーム運んだりしてんのは違うと思うんですよ。

ゲーム内のシチュエーションとしては嫌いじゃないですよ、アロハでアイス運びも、ソーキソバのデリバリーも。1、2の薄暗い神室町から、3の晴天の沖縄、いいと思いましたよ? でもそれは、神室町を、東城会を捨ててまで今やることなのかなって。それって仁義が通ってんのかなって、やっぱり思ってしまうわけですよ。

 

020

 

そしてその状態で、リゾート開発予定地に桐生さんのアサガオがある関係で面倒なことになったり……

だとかいう「シナリオ上の都合」がなんかが重なっていくうちに、「あれっこれ桐生さんのせいじゃないの?」って思うポイントがたまってきたり、「はあ結局残された人たちに迷惑がかかってて、本人は”俺は堅気で無関係です”って言ってるのか……」と思うタイミングがあったりして、もうこのあたりのもやもやがね、「桐生さんがおとなしく4代目をやってくれてたらよかったのに!!」っていう期待と妄想と相まって、結果論的に「お前が東城会弱体化の一因を担ってないですか……!?」と思ってしまうんだよねえ……!! 八つ当たりかなあ……!!

(少なくとも、おとなしく4代目をやってくれていたら寺田に引っ掻き回されることはなかったろうし、なんの実績もないチーマー大吾が襲名するってアンバランスなことにもならなかったろうし、リゾート開発も普通に東城会のシノギになったろうし……って思うとどんどん罪深く思えてくるんだけど……ッ!!)

 

真島の兄さんに押し付けすぎ!!

ちなみにあくまで真島の兄さんを酷使する流れだとしたら、真島組が今よりさらに勢力を拡大したときに周りの組が「真島組に続け!」ってなるのか、それとも「真島組の足をひっぱるぞ!」ってなるのか、「真島組からおこぼれを貰おう」ってなるのか、「真島組を潰そう」ってなるのか、「真島吾朗を潰そう」ってなるのかっていうものすごい盛大なあぶり出しができるとは思うんだけど……。

そうするとあまりにも東城会にとって、都合がよすぎるよね。本来、3の時点で引退しようとしていた人だよ。桐生さんに説得されて残留はしたけどさ……。っていうここでも、桐生さんなにしてんだよずるいなって思う。自分も足を洗いたい、相手も足を洗いたい、自分は足を洗うけども相手には洗わせないぞ!! ってなってるよね。結果的にそのあとのことを、ぜーんぶおっつけちゃってる。

(ちょっと脱線するけれど、ヘンな話、ここでのケンカは「足を洗おうとする桐生さんと足を洗わせたくない真島の兄さん」というケンカでよかったと思う。ここでお互いに足を洗いたいのに腕力で押し付けたみたいな印象が残ってしまうし、そうやって残された真島の兄さんがこのあと神室町ヒルズというシノギを成功させたのに警察に売られるとかもう、不憫でならん。)

 

020

 

あー考えれば考えるほど、釈然としない。

桐生さんが遠くの東城会に守られ、沖縄で子供と過ごしている間に、真島の兄さんの受ける苦労、大吾の受ける苦労がハンパなさすぎるでしょ。

ならそこで、分け合わなきゃダメじゃないのォ……? 本人が人の上に立ってまつりごとできる資質があるかどうかは別としても、無関係でいちゃいけないんじゃないのォ……? と、思うんですけど……。

考えれば考えるほど……というか、エピソードが積み重なっていくほど、「桐生さんそれでいいんかよ……」ってなってしまって。桐生さんをカッコイイ主人公!! って無邪気に思っている間はなんてことないんですけれど、ちょっと周囲の人の立場になって考えてしまうと、もう今となってはカッコイイとも思えなく……なってきてしまっているのが現状です……。

 
まあこれほとんど妄想だけどな!?

 

渡瀬かっこよすぎ!!

そして話が広がりすぎちゃうからここでは触れるだけにしておきますが、こうやって桐生さんのヤクザとしての仁義がブレッブレになっている中で、ガッツリどっぷりヤクザものの渡瀬勝がどんだけカッコよく見えたか……!! っていうね……!!

以前行われた人気投票で、渡瀬がトップ10に入ったことに対して、龍が如くのプロデューサーさんが「新作のキャラが入賞したということは新作にも勢いがある証拠!!」的なことを仰っていらしたけれど、正直カッコイイはずの桐生さんがカッコよくなくなったんで、カッコイイヤクザの渡瀬のアニキが求められたんじゃないですかネ……と思います……。

新作にも勢いがあるからではなく……。今までファンに対する求心力であったアイコンが、もう効かなくなってきたこと……の象徴なんじゃないかと……思います!!

 
まあこれ全部憶測だけどな!!

 

しずこ妄想しすぎ!!

ああ久しぶりにこう、オタ魂みたいなものを解放したー!! なんとなくブログをWordpressにしてから、いわゆるブロガーが書くっぽいものを書かなければいけないのではないかと思って猫を7枚くらいかぶっていたけど、本性はこんなもんです。

今後アニメの感想とか追い始めたら、多分もっとひどくなるよ!! でも腐らないから!!

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInFlattr the authorPrint this pageEmail this to someoneShare on Tumblr